EVENTS

2022年9月21日

10/12(水)第1回教育改革フォーラムを開催します(全学FD・全学SD)

第1回教育改革フォーラム

「あらためてFaculty Developmentについて考える」

 第1回教育改革フォーラムを開催いたします。大阪市立大学で開催してきた「教育改革シンポジウム」(1995年度の第1回~2021年度の第29回)を引き継いだ催しです。参加者がテーマについて共に議論をするという思いを込めて、新大学では名称を「教育改革フォーラム」といたしました。
 大阪市立大学、大阪府立大学では、それぞれの文化の中でFaculty Develop-ment(FD)が行われてきました。今回、あらためてFDについての理論的背景や実践を学び、議論することで、両大学の歴史を活かしつつ、新たに大阪公立大学で多様な教育・FDを展開していくための確かな土台が築けると考えます。
 本フォーラムでは、教育方法学・学習論がご専門の松下佳代先生(京都大学教授)を講師にお招きし、FDのあり方に関する理論的・歴史的な背景も踏まえつつ、日本を含め世界で多様に展開されているFDの実践についてお話しいただきます。これからの大阪公立大学のFDのあり方について、示唆に富んだお話をお聞きし、参加者の皆さまと議論を深められる場になると思っております。多くの教職員の方々にご参加いただければと存じます。

------------------------

本フォーラムとの連動企画として、第1回FD研究会「大阪公立大学におけるFDのあり方について考える(1)」が11月4日(金)に開催されます。併せてご参加いただければと存じます。

日時

2022年10月12日(水) 15:00~17:00
開催方法 Zoomミーティングによるオンライン開催
対象

大阪公立大学の教職員

※原則として大阪公立大学の教職員の方を対象としますが、高等教育研究開発センター研究員の紹介による学外者および学生・院生が参加する場合があります。

主催 高等教育研究開発センター、教育学修支援室学修支援部門
共催 教育改革委員会、教育推進本部
申込方法

【事前申込制/定員:300名】

10月6日(木)まで参加申込みフォーム よりお申込みください。
後日、ご登録のメールアドレス宛に参加方法等のご案内をお送りいたします。
当日参加も可能ですが、できる限り申込期限(10/6)までの参加申込にご協力いただきますようお願いいたします。



第1回教育改革フォーラムチラシ

プログラム

●15:00       開会挨拶 
辰巳砂 昌弘 (大阪公立大学 学長)

●15:05‐15:15 趣旨説明              

●15:15‐16:05 講演
「FDの難しさと面白さ—コロナ禍を経て考える— 」 
松下 佳代 (京都大学 教授)

●16:05‐16:20 コメント
西垣 順子 (高等教育研究開発センター 教授)

●16:20‐17:00 質疑応答

17:00       閉会挨拶
橋本 文彦 (教育改革委員会 委員長) 


司会:<全体進行>橋本 智也  <質疑応答進行>飯吉 弘子
オンライン運営:平 知宏 企画:飯吉弘子・橋本 智也

松下先生

講師 松下佳代 先生

京都大学教授。教育方法学(特に能力論、学習論、評価論)がご専門で、1990年代以降提唱されるようになった〈新しい能力〉(コンピテンス、リテラシーなど)や学校・大学でのその形成のあり方について、カリキュラム・授業・評価などの点から批判的に検討されています。また、中学校・高等学校や大学の先生方と一緒に実践を作りながら、実践をふまえた理論の構築を進められています。

お問い合わせ

大阪公立大学 高等教育研究開発センタ-
MAIL: gr-las-highedu-event[at]omu.ac.jp 
[at]の部分を@に変更してください。