木村 義成 准教授 / Assoc. Prof. KIMURA Yoshinari

研究課題

  • 地理情報システム
  • ジオデモグラフィクス
  • 保健医療分野におけるGISの応用研究

2019年度 担当科目

  • 学部
    • 地図と地理情報(共通教育)
    • 地理情報学
    • 地理学実験実習II
    • 人間行動学データ解析法IIb
    • 人間行動学データ解析法IV
    • ジオ・リテラシー入門
  • 大学院
    • 地理学情報論研究
    • 地理学情報論研究演習

学会・社会活動など

  • 人文地理学会
  • 地理情報システム学会
  • 日本公衆衛生学会
  • 日本農村医学会
  • 日本臨床救急医学会

研究業績

  • 学術論文
    • 東京大都市圏の居住地構造―単独世帯の空間的分布を中心にして―, 共著, 2005年, 統計 56-2, pp. 8-14.
    • GIS(地理情報システム)を用いた感染症の空間的疫学解析, 共著, 2009年, 小児感染免疫 20-4, pp. 497 – 502.
    • “Impact of Drainage Networks on Cholera Outbreaks in Lusaka, Zambia”, Satoshi Sasaki, PhD, Hiroshi Suzuki, MD, PhD, Yasuyuki Fujino, MA, Yoshinari Kimura, MA and Meetwell Cheelo, American Journal of Public Health, Vol.99-11, pp.1982-1987, 2009.
    • “Geodemographics profiling of influenza A and B virus infections in community neighborhoods in Japan”, Yoshinari Kimura, et al. BMC Infectious Diseases, 11:36, 2011.
    • 「地理情報システム(Geographic Information System; GIS)を用いた島根県における救急搬送カバー率に関する検討」, 木村義成, 濱野強, 塩飽邦憲 日本農村医学会雑誌 Vol.60-2, pp.66-75, 2011年.
    • 「中山間地域における地理情報システム(Geographic Information System)を用いた生活習慣病の受療行動解析」, 濱野強, 木村義成, 武田美輪子, 山崎雅之, 塩飽邦憲 日本農村医学会雑誌 Vol.60-4, pp.516-526, 2011年.
    • “Use of a Geographic Information System (GIS) in the Medical Response to the Fukushima Nuclear Disaster in Japan”, Takashi Nagata, Yoshinari Kimura and Masami Ishii, Prehospital and Disaster Medicine, Vol.27-2, pp.213-215, 2012.
    • “Is Location Associated With High Risk of Hypertension? Shimane COHRE Study”, Tsuyoshi Hamano, Yoshinari Kimura, Miwako Takeda, et.al, American Journal of Hypertension, 25:7, pp.784-788, 2012.
    • "Potential risk associated with animal culling and disposal during the foot-and-mouth disease epidemic in Japan in 2010", Yoko Hayama, Yoshinari Kimura, Takehisa Yamamoto, Sota Kobayashia, Toshiyuki Tsutsuia. Research in Veterinary Science, Vol.102, 2015.
  • 国際会議
    • On the Evaluation of Infectious Diseases by Descriptive Epidemiology. 共同 2008 年3月 The 3rd Health GIS International Symposium, Niigata-University Yujin Memorial Hal
    • Using GIS and Geodemographics data for Analysis in Descriptive Epidemology. 単独 2009年3月 The 4rd Health GIS International Symposium, Niigata-University   Yujin Memorial Hal
  • 学会発表
    • 大阪大都市圏の文化住宅・アパートの分布とその地域特性 共同 2001年1月 人文地理学会学会大会, 立命館大学
    • ジオデモグラフィクスからみた東京・京阪神大都市圏の居住地域構造 共同 2002年 3月 人文地理学会都市圏研究部会, 大阪市立大学文化交流センター
    • 疫学における交差相関の利用 共同 2007年10月 第67回日本公衆衛生学会総会自由集会, 愛媛県民文化会館
    • ジオデモグラフィクスの保健医療分野への応用 単独 2008年11月 第68回日本公衆衛生学会総会自由集会, 福岡第一ビル
    • 地区プロファイルによる新型インフルエンザの流行分析 共同 2010年10月 第19回 地理情報システム学会研究発表大会, 立命館大学
    • 地理情報システムによる救急搬送カバー率に関する解析:島根県を例として 共同 2011年10月 第20回 地理情報システム学会研究発表大会, 鹿児島大学
    • 保健医療への地理学的アプローチ 単独 2012年1月 人文地理学会 都市圏研究部会第42回研究会, キャンパスプラザ京都
    • Place and People: what can we learn from the evidences? 共同 2012年11月 第61回日本農村医学会学術総会ワークショップ6 Social capital and health, 島根県民会館