セミナー

コロキウム・セミナー情報

・当素粒子論研究室では、数理物理研究室と合同でセミナーを行っています。

数理物理・素粒子論セミナー

詳細は数理物理研究室のセミナー情報のページをご覧ください。

数理物理研究室はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆2023年以降のセミナー情報はここにも掲示いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・日時 : 2023年11月27日 9:00~

講演者 : 金田 邦雄 氏(阪大)
題目 : ボルツマンとボゴリューボフ -宇宙初期の重力的粒子生成をめぐって-

アブストラクト:
重力は自然界で最も弱い相互作用でありながら、宇宙初期における粒子の生成源として重要な役割を果たす。暗黒物質を含むすべての粒子は、インフレーションの終了後に必ず重力によって生成される。この生成プロセスを探るために、ボルツマンとボゴリューボフのアプローチとして知られる2つの異なるが確立された手法が用いられてきた。前者は暗黒物質の現象論的研究に広く用いられており、後者は曲がった時空での粒子生成を記述するために開発されたものである。しかし、これらのアプローチの物理的な対応関係は一見して明らかでなく、特に暗黒物質の生成機構において近年混乱があった。本講演では、スカラー粒子の純粋な重力的生成における両者の等価性を調べることで、これらのアプローチが同じ物理現象を正確に記述しているかどうか議論する。
セミナー動画

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・日時 : 2023年11月20日 9:00~
講演者 : 田中 章詞氏(理研)
題目 : 機械学習の物理学への応用について

アブストラクト:
本講演では機械学習の物理学への応用について、私の目から見た近年の動向を説明したいと思います。内容についてはまず、機械学習における基本原理、汎化と帰納バイアス、モデル選択などを説明したのち、物理学における具体的な応用事例について私自身の過去の研究を含め説明する予定です。

セミナー動画

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【関西地区セミナー2023年】

https://sites.google.com/view/2023kansaichiikiseminer/

2023年10月14日、大阪公立大学

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・日時:7月25() 15:30〜 (インフォーマルセミナー)

Speaker: Hikaru KAWAI(National Taiwan University

Title:
"Quantum Phase Transitions and Solving the Naturalness Problem in Generalized Field Theories."
Abstract:
In ordinary statistical mechanics, the extensive parameters (such as total volume and total energy) are more fundamental than the intensive parameters (such as temperature and pressure) in the sense that the latter are determined a posteriori by the former in the large volume limit. Furthermore, in a finite region of the extensive parameter space, the corresponding intensive parameters are automatically fixed to the first-order phase transition point.
Analogously, in conventional quantum field theory, coupling constants (including masses) in the path integral correspond to intensive parameters in the partition function of the canonical formulation. 
Therefore, it is natural to expect that in a more fundamental 
formulation of quantum field theory, coupling constants are dynamically fixed a posteriori in the large-volume limit, just as the intensive parameter in statistical mechanics.

In generalized field theories, we argue that an automatic fine-tuning is realized in which the coupling constant is fixed at the quantum phase transition point at zero temperature. This occurs even if the transition is of higher order due to the Lorentzian nature of the path integral. 
This can be the basis for solving the naturalness problem.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・日時 : 2023714() 11:00

Speaker: Benjamin Percival (University of Liverpool) 

Title:  

Moduli Fixing and D-term Uplifts of One-loop Potentials in Non-Supersymmetric Heterotic String Models

Abstract: 

Within the free fermionic classification methodology of Z2 × Z2 heterotic strings, different avenues towards non-supersymmetric models are discussed. Some aspects of classifying asymmetric models are discussed, in particular the relation of moduli fixing to obtaining certain desirable phenomenological criteria. We explain the methodology that allows for the analysis of the Fayet-Iliopoulos D-term and the one-loop potential for such models, first for symmetric Z2 x Z2 orbifolds and then how this can be extended to the asymmetric case in which some internal moduli are fixed. We show examples of Z2 x Z2 non-supersymmetric symmetric orbifolds that exhibit a D-term uplift of their one-loop potential. We demonstrate this for models both in which the SUSY is broken spontaneously via Scherk-Schwarz, as well as explicit breaking. 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・日時 : 2023年7月12日 9:00~
講演者 : 大森寛太郎氏(東大)
題目 :非可逆的対称性について

アブストラクト:

対称性は理論物理学で重要な役割を果たすが、近年この対称性を一般化することで対称性に依拠した手法の適用範囲を広げようという試みが広くなされている。本トークではこのうち非可逆的対称性と呼ばれるものを中心に解説し、まず1+1次元イジング模型における例を見た後、これが3+1次元の種々のゲージ理論に現れることを見る。

セミナー動画

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・日時 : 2023年6月23日 16:00~

場所: 第10講義室(E211),ハイブリッド配信
講演者 : 小嶌康史氏 (広島大学,先進理工系科学研究科(理),名誉教授)
題目 : J=kB の成分がある天体の磁場構造

アブストラクト:

天体スケールの構造(特に、方向性)がよりミクロの状態に起因する考えがある。
磁場と電流が平行となるベルトラミ性が関係する(生じる)フォースフリー磁気圏や
ミクロな乱流ダイナモなどの概念を紹介した後、 ベルトラミ磁場がある場合に
通常の磁気流体波動がどのように変更されるかを議論する。古典電磁気学と
非相対論の枠組みで、概念的理解を主眼とし、議論が盛り上がることを期待する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・日時 : 2023年6月21日 9:00~
講演者 : 世田拓也氏(京大基研)
題目 : 弦の散乱における過渡的カオス解析
アブストラクト:

古くから、高く励起された弦は自重で潰れてブラックホールに転移すると考えられて来た。一方で近年、ブラックホールはカオスで特徴づけられる事が分かって来た。これらを踏まえると、弦が何らかの形でブラックホールカオスの源になっていると考えられる。本講演では、高く励起された弦の散乱のカオス性について議論する。実際には入射角と散乱角のプロットにおけるフラクタル性や、弦の散乱領域の構造に注目する。その結果、少なくとも現時点では(ボソン弦の4点散乱振幅、ツリーレベル)カオスが確認できていないが、ループ補正を入れた場合や別のセットアップでカオスが出る可能性について議論する。

セミナー動画

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・日時 : 2023年5月29日 9:00~
講演者 : 谷村省吾氏(名古屋大学大学院情報学研究科)
題目 : 量子性とは何だろう
アブストラクト:

物理学者にとって量子力学と古典力学の違いは重要だと思われますが、何をもって量子的と言うのでしょうか? 量子性(quantumness)とは、エネルギーが飛び飛びの離散的な値をとることでしょうか? 確率的な振る舞いのことでしょうか? 重ね合わせ状態でしょうか? 干渉効果でしょうか? 不確定性関係でしょうか? 摂動論のループ積分のことでしょうか? 量子論にはさまざまな特徴がありますが、ここでは、文脈依存性(contextuality)と呼ばれる特徴を解説したいと思います。文脈依存性は「物理量の値の実在性が、物理量を測るやり方に依存する」という奇妙な性質であり、量子力学的物理量が非可換演算子であることに起因します。ベルの不等式は「測定方法に依存しない物理量の値が実在する」という仮定から導かれる不等式ですが、量子論はベルの不等式が破れうることを示唆します。2022年のノーベル物理学賞は、ベルの不等式の破れを実験実証した3人の物理学者に贈られました。その問題設定と発見の意義を解説したいと思います。

参考資料:
https://www.phys.cs.i.nagoya-u.ac.jp/~tanimura/NobelPhys2022/overview.html

セミナー動画

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・日時 : 2023年5月22日 9:00~
講演者 : 谷崎佑弥氏(京都大学基礎物理学研究所)
題目 : Noninvertible symmetries in higher-dimensional QFTs
アブストラクト:
場の理論においてダイナミクスを直接解くことができないような強結合領域の物理を調べることは現代物理の大きなテーマの一つである。そのような手法の一つとして対称性の役割は大きく、物質の相の分類、対称性の自発的破れとそれに伴う低エネルギー定理、アノマリー釣り合い条件などはその主要な成果である。
この場の理論における対称性はこの10年で大きく一般化され、上に挙げたような有用な性質は”トポロジカルな演算子”という概念から導かれることが認識されるようになってきた。このような一般化された対称性として、近年特に非可逆的対称性というものが注目されてきている。高次元場の理論における一般化された対称性に関して、簡単なレビューを含みながら私の研究内容をいくつか紹介をしたい。

セミナー動画

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・2023年5月17日 9:00〜(Zoomセミナー)

講演者:中山和則氏(東北大学)
タイトル: 暗黒物質の発見に向けて
アブストラクト:ミクロな世界を記述する物理法則として素粒子標準模型が大成功を収めているが、その一方で宇宙の物質の大部分を占める暗黒物質の正体は依然全く不明のままである。理論的には多種多様な暗黒物質の候補が挙げられており、それらの検出のためには従来の暗黒物質検出方法にとらわれない自由な発想が求められている。本講演では、こうした暗黒物質を巡る動向を概観し、さらに最近提案されている物性物理の特徴を活かした暗黒物質の検出方法について紹介する。

講演ファイル

セミナー動画

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・2023年5月10日 9:30〜(Zoomセミナー)

講演者:佐藤亮介氏(大阪大学)
タイトル: Axion Fragmentation
アブストラクト:Axion (およびaxion like particle) は素粒子模型にしばしばあらわれる、周期的ポテンシャルを持つ軽い擬スカラー粒子である。Axionの一様成分が初期宇宙などで十分大きな運動エネルギーを持っていた場合、一様成分が一定の速度を保ちポテンシャルを乗り越え転がり続けることができる。この過程において、一種の共鳴現象が起きることにより、Axionの空間的な揺らぎが指数関数的に成長し、axionの一様成分から運動エネルギーを奪うことができる。
本講演では、この現象を"axion fragmentation"と呼ぶことにし、摂動的な解析計算と非摂動的な数値計算により議論する。

セミナー動画

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・2023年1月11日 9:00〜(Zoomセミナー)

講演者:岩崎昌子氏(大阪公立大学)
タイトル: 素粒子実験への機械学習適用
アブストラクト:近年、大型加速器を用いた素粒子実験への機械学習の適用開発が、活発に行われるようになった。機械学習、深層学習は、情報分野における最先端データ処理技術である。大量データから得られる情報を使って、データの「モデル」(入力変数と出力変数の関係性の記述)を構築することができる。あらかじめ明確なモデルを用意しなくても、様々なデータ処理が可能になる、という特徴がある。この特徴を活かすことで、従来よりも、高速、高効率、高性能なデータ処理が、期待されている。特に、近年の機械学習技術の発展により、低特徴データ(=生データ、またはそれに近いデータ)を用いた機械学習も可能になった。低特徴データを用いることで、より高精度な「モデル」構築が可能になり、より高性能なデータ処理が期待されている。本講演では、機械学習の簡単な導入、および、現在進めている、大型加速器を用いた素粒子実験への機械学習の適用開発状況を紹介する。