メンバー紹介

准教授 早見 直美

hayami_pic_2

略歴:

University of Sydney, Faculty of Education and Social Work, MPhil in Education 修了

学位 博士(学術)

大阪市立大学大学院生活科学研究科 特任助教

同上 助教

同上 講師

2022-2023  大阪公立大学大学院生活科学研究科 講師

2024-現在 同上 准教授

資格:管理栄養士

専門:栄養教育、健康教育、学校栄養

研究テーマ:ダイエットを予防するには? ボディイメージを考慮した食育 心理的要因と食行動の関連 思春期の食育プログラム開発・評価 行動変容のためのアプリ開発 メディアリテラシー教育(ダイエット情報、健康情報など)学校における食に関する指導の充実 小中連携での食育プログラム 朝食習慣改善 アプリを活用したデジタル食育など

メッセージ:

子どもから大人までの各ライフステージにおいて、心からの笑顔あふれる毎日につながる栄養教育を目指しています。そのためにはデータに基づいて考え、実践、評価の積み重ねが欠かせません。”どうすれば人の行動・習慣を変えることができるのか?”ーアイデアを皆で出し合って形にしていきましょう!“思考、行動、思いやり”をモットーに互いに学びあえる研究室づくりをしています。

特任教授 本宮 暢子

hongu_pic

学 位 博士(健康科学)

最終学歴     The University of Tennessee, Knoxville, TN, USA (2002) 

職歴:

Post-Doc    Vanderbilt University, Meharry Medical College, Nashville, TN, USA (2002-2006)

University of Arizona, Tucson, AZ, USA  (2006-2019)

大阪市立大学、生活科学研究科、特任教授 (2019-2022)

大阪公立大学、生活科学研究科、特任教授 (2022-現在)

資格:管理栄養士 RD(Registered DietitianUSA (1996-現在)                                 

専門分野・研究テーマ 健康寿命、スポーツ栄養、ウェルネスプログラム 

研究活動:

  1. 市民の健康継続システムの確立:地域(大学を含む)におけるスポーツクラブ、健康プログラムと提携して、その仕組みと効果の調査を行い、スポーツ・運動・食事が、生涯に渡って継続できるシステムを開発し検討する
  2. 国民生活幸福度の探求:人の行動と仕組みをテクノロジー、サイエンス、デザイン、ポリシーを連関させながら探求し、健康・スポーツライフ・生活の質(Quality of Life)を向上するための仕組みを検討する
  3. 他国の健康(食事・運動)プログラムとの比較:海外の大学との交流、他国の健康プログラムの効果を比較、検討する

メッセージ:研究から得た知識と発見を、コミュニティ、地方の住民の問題解決、あるいは、健康的な社会の発展に貢献できるプログラムの開発に利用し、参加者の声を反映して、住民参加型のボトムアップアプローチで生活に密着させていきます。

学生(D:2名、M:5名、4回生6名)

大学院生-Graduate Students

nishi D3 西太郎(社会人)

 

haruna D2 春名大輔(社会人)

 

matsui M2 松井実紅

ozawa M2 小澤皐

 

tonotani M2 殿谷愛乃

 

人物ダミー2 M2 松内千佳

 

 

4回生- 4th year undergrand students

 

 

ポスドク研究員

ashleigh Ashleigh Pencil