学位論文(博士)

2023年度

  • 「ボルト類締結材を用いた鋼橋部材の当て板補修・補強工法に関する研究」(申啓航)

2022年度

  • 「保全性に配慮した鋼床版上のSFRC舗装接合技術に関する研究」(木下孝樹)

2021年度

  • 「球状黒鉛鋳鉄を用いた道路橋床版と主桁の接合構造におけるすべり挙動および合成効果に関する研究」(白井悠吾)

2020年度

  • 「既設鋼合成桁橋のリニューアルのための構造変更および主桁断面補強設計に関する研究」(松本崇志)
  • 「Study on Design of High Strength Bolted Flush End Plate Connections for Bridge Structures」橋梁構造物のための非突出型エンドプレート接合の設計法に関する研究(杉本悠真)
  • 「腐食劣化の生じた鋼I桁橋の橋梁システム冗長性を考慮した合理的な耐荷性能評価手法に関する研究」(有村健太郎)
  • 「新型高力ファスナーを活用した鋼橋の補修・補強技術に関する研究」(郎宇)

2019年度

  • 「高力ボルト引張接合を活用した橋梁部材連結構造の合理化に関する研究」(岑山友紀)

2017年度

  • 「高力ボルト摩擦接合継手のすべり後支圧限界状態に関する研究」(森山仁志)

2016年度

  • 「鋼I桁橋の腐食した桁端部の耐荷力とその簡易評価法に関する研究」(臼倉誠)

2015年度

  • 「ノックオフ部材を用いた高架橋の耐震性能向上に関する研究」(中西泰之)

2014年度

  • 「高力ボルト当て板要素を用いた疲労亀裂の応急補修法に関する基礎的研究」(潘超)
  • 「高耐久な鋼橋部材接合部の開発に関する研究」(田畑晶子)
  • 「各種不確定要因を考慮した鋼橋の高力ボルト摩擦接合継手の強度特性に関する研究」(高井俊和)

2013年度

  • 「極厚鋼板を用いた多列高力ボルト摩擦接合継手のすべり挙動に関する基礎的研究」(彭雪)

2009年度

  • 「橋梁上に設置された柱状付属構造物の疲労損傷防止に関する研究」(石橋知彦)
  • 「き裂損傷を受けた鋼I桁橋の残存耐荷力に関する基礎的研究」 (金仁浩)
  • 「既設鋼床版橋の疲労損傷要因の解明と対策工に関する研究」(髙田佳彦)