お知らせ

2022年10月21日

  • 受賞

放射線診断学・IVR学の下野太郎准教授が、北米放射線学会誌「Radiology」の画像診断世界一を決めるコンテスト「Diagnosis Please」で、2021年度年間最多正解者の世界チャンピオンとして表彰されました

医学研究科 放射線診断学・IVR学の下野太郎准教授が、放射線医学関連で最も権威のある北米放射線学会誌「Radiology」の画像診断世界一を決めるコンテスト「Diagnosis Please」で、2021年度年間最多正解者の世界チャンピオンとして表彰されました。
今回の受賞は、2005年(アジア人として初の受賞)、2009年、2014年、2017年、2021年の昨年に続き6度目の快挙となります。

大阪公立大学ホームページ受賞情報はこちら

下野准教授の写真

表彰状