医療の質・安全管理学

基本情報

医療管理医学講座  医療の質・安全管理学

代表者 山口 悦子(中上 悦子)教授

医療の質・安全管理学講座は、平成24年に設立された講座で、医療の品質管理に関する研究を行っています。医療の質・安全管理学では、様々な活動やプロジェクトを対象に、実践的で学際的な研究・教育を行います。研究テーマは、患者安全に関すること、医療の質・安全に関する教育、Total Quality Management/質改善、医療の品質管理、病院管理などです。医療従事者はもちろんのこと心理学・社会学・人間工学等の医学以外の研究者や、法律・鉄道・航空・原子力・交通・製造業・建築・芸術等の専門家とも交流します。医療の質と安全の向上に関する研究に従事したいと考えている医師以外の病院職員に対しても、進学・研究の門戸を開いています。
全学共通教育コースとして9月から2月に「医療の品質管理」を開講しています。全学の大学院生対象ですが法人職員・病院職員も受講可能です。

9367

 

場所
学舎 12階
連絡先
TEL:06-6645-3786 MAIL:OCUqualitysafety@gmail.com

 

教育方針

学部教育

学生実習では、病院の医療安全管理業務に参加して、多職種チームによる安全な病院組織づくりについて体験してもらいます。

臨床教育(研修医の育成)

研修医を含む全病院職員は、年2回以上の医療安全研修の受講が義務付けられています。医療の質・安全管理学は、附属病院医療の質・安全管理部と協働して、医療の品質管理(質と安全の向上)に関する教育を行っており、職種に応じた多様なプログラム(講義、ワークショップ、e-learning等)を開発・提供しています。

研究指導

医学部卒業者は、博士課程に進学が可能です。医療安全管理学を副専攻として、主専攻の診療科に関するマネジメントや品質管理関連の研究を行うこともできます。 医学部以外の学部卒業者は、修士課程への進学、修士号をすでに取得している場合は博士課程への進学、あるいは大学院研究生(修士課程修了者のみ)として論文博士の取得が可能です。

研究について

概要

当講座では、医師、看護師、薬剤師、臨床工学技士、事務職員など多職種の学生・研究員が在籍し、学際的で実践的な研究を行っています。また、心理学他医学以外の分野の研究者と共に、発達科学に関する書籍の翻訳も手掛けています。

教室を代表する業績

  • A pilot study of game-based learning programs for childhood cancer survivors
    Daisuke Masumoto, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Misako Nambu, Miho Maeda, Hideko Uryu, Akira Hayakawa, Zayar Linn, Satoshi Okamura, Kosuke Kurihara, Kentaro Kihira, Takao Deguchi, Hiroki Hori
    BMC CANCER 22(1) 2022年3月
  • Quality Assessment of the Literature on Quality Improvement in PICUs: A Systematic Review
    Yu Inata, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Yuko Ogawa, Takeshi Hatachi, Muneyuki Takeuchi
    PEDIATRIC CRITICAL CARE MEDICINE 22(6) 553-560 2021年6月
  • Improving the safety of high-concentration potassium chloride injection
    Kaoru Nakatani, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Yoshikatsu Shinoda, Shuhei Tomita, Tatsuya Nakatani
    BMJ OPEN QUALITY 8(2) 2019年4月 
  • Patient safety education using an arts and health approach in Japanese university hospitals: a pilot study
    Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Hitoshi Murao, Toshiyuki Itoi, Satoshi Murakami, Takehito Yui, Takashi Yagi, Hiroko Ichihara, Yutaka Moriguchi, Hideyuki Kitamura, Gen Morimoto
    ARTS & HEALTH 11(2) 163-173 2019年
  • Health-related quality of life in Japanese children with acute lymphoblastic leukemia during and after chemotherapy
    Kyoko Kobayashi, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Akira Hayakawa, Souichi Adachi, Junichi Hara, Sadao Tokimasa, Hideaki Ohta, Yoshiko Hashii, Takeshi Rikiishi, Machiko Sawada, Kikuko Kuriyama, Urara Kohdera, Kiyoko Kamibeppu, Hirohide Kawasaki, Megumi Oda, Hiroki Hori
    PEDIATRICS INTERNATIONAL 59(2) 145-153 2017年2月
  • The effect of an animation movie for inpatient fall prevention: a pilot study in an acute hospital
    Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Kumiko Fujinaga, Akiko Batard, Norio Baba, Kazunori Nakamura, Kyoko Miyazaki, Mayumi Mukai, Mikio Sugiura, Tatsuya Nakatani
    Safety in Health 2016年12月
  • Measuring Attitudes Toward Nursing Safety Violations
    Yuko Adachi, Shinnosuke Usui, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Kumiko Fujinaga, Keunsik Park, Kazunori Nakamura, Tatsuya Nakatani
    PERCEPTUAL AND MOTOR SKILLS 122(1) 5-26 2016年2月
  • Exploring nurses’ speaking-up attitudes and behaviors: A cluster analysis study
    Okuyama, A, Nakagami-Yamaguchi, E, Hayakawa, K
    Journal of Medical Safety 2015年5月
  • Detecting Effective Categories of Medical Incident Reports for Patient Safety Management
    Katsuhide Fujita, Masanori Akiyama, Keunsik Park, Etsuko (Nakagami) Yamaguchi, Hiroyuki Furukawa, Ichiro Sakata, Yuya Kajikawa
    PICMET '12: PROCEEDINGS - TECHNOLOGY MANAGEMENT FOR EMERGING TECHNOLOGIES 3073-3082 2012年

主な研究内容

現在の主な研究テーマ

アーツ・ベイスド・ラーニングを応用した患者安全教育プログラムの開発

・多施設共同研究
・インプロ(即興演劇)を応用したチームワーク・コミュニケーション・リーダーシップトレーニングの開発
・医療安全教育のためのメディアアート(ゲーム、アニメ、マンガの開発)

患者による医療の質評価に関する研究

海外の患者による医療の質評価尺度(Px尺度)の日本語版作成と信頼性、妥当性の検証

監督者訓練法(Training within industory, TWI)に関する研究

・TWI-JI法の医療現場への応用に関する研究

TQM(Total Quality Management)の促進要因・阻害要因に関する研究

・日本語文献のレビューから質的方法を用いて促進要因・阻害要因を抽出し、具体的事例で検証する。

臨床検査分野の継続的質改善に関する研究

・システマティックレビュー

GTT(Global Trigger Tool)の活用に関する研究

・インシデントレポートに頼らない、患者安全部門の指標の探索
・GTTを活用した有害事象のモニタリングに関する研究
・GTTを活用した患者安全部門の介入の評価に関する研究
・日本の医療に適したGTTの開発

臨床への取り組み

附属病院医療の質・安全管理部と協働して、患者安全担当部門としての業務を行っています。

スタッフ

病院教授 山口 悦子(中上 悦子)

参考写真

 medical-quality-and-safety-science1