社会貢献活動

高等学校・大阪公立大学連携数学協議会

数学教育の現状は、指導要領の改訂、数学に対する興味の低下、学力低下等の様々な問題点を抱えています。これは、高校、大学のみならず、小・中学校における教育とも関係することで、種々の立場の教員が交流して、数学教育の現状と改善方法および数学研究の動向に関して、情報交換と調査・研究を継続的に行う場とするために、 大阪府下の高等学校の数学教育を担当されている有志の方々と共同して、2005年4月に連数協を立ち上げました。連数協シンポジウムを年に1回開催しています。

数学・数理科学5研究拠点合同市民講演会

数学・数理科学関係の異分野交流や広く数学・数理科学に関心のある方々へ数学の発展を発信することを主目的とする市民講演会を毎年度1回開催しています。従来の数学・数理科学関係の文科省共同利用・共同研究4拠点(統計数理研究所、九州大学マス・フォア・インダストリ研究所、京都大学数理解析研究所、明治大学先端数理科学インスティテュート)に、2020年度から新たに本数学研究所が加わりました。

日本数学コンクール

日本数学コンクールは1990年11月の初回以来約30年間、小中学生および高校生を対象に名古屋大学が開催してきたイベントです。「自由にゆったりと考える」「楽しい数学の発見」「多彩な才能の評価」「人材育成」を目標に掲げ、数学教育に独自の貢献をしてきました。2022年度からは名古屋大学と大阪公立大学数学研究所との共催イベントとして再スタートしています。