人工光合成研究センター

天然の光合成を模倣し、太陽光エネルギーや様々な触媒を駆使した二酸化炭素のリサイクルと利用に関する技術開発・実用化に向け、基盤研究に加えて企業等との産学官連携研究に取り組んでいます。

kyoten-plate

E_SDG_PRINT-00 E_SDG_PRINT-07 E_SDG_PRINT-09 E_SDG_PRINT-11 E_SDG_PRINT-14 E_SDG_PRINT-12 E_SDG_PRINT-13


2023年度人工光合成研究センター活動報告会を開催いたします

人工光合成研究センターの各研究部門で2023年度にどのような研究活動をしたのか、一般の方にもわかりやすく成果報告します。

  • 日 時:2024年03月04日(月)09:30-17:30
  • 会 場:大阪公立大学杉本キャンパス学術情報センター1階文化交流室
    キャンパスマップ11番(https://www.omu.ac.jp/about/campus/sugimoto/)
    現地開催のみ(オンライン配信はありません)
  • 対 象:一般・学生
  • 参加費:無料
  • 共 催:化学人材育成プログラム・触媒化学計測共同研究拠点

特別講演

石谷 治写真 [金属錯体を中核とした二酸化炭素還元光触媒系の開発]
石谷 治 教授(東京工業大学 理学院・広島大学大学院 先進理工系科学研究科)
山口和也写真 [複合機能固体触媒による脱水素酸化反応]
山口和也 教授(東京大学大学院 工学研究科)

活動報告会プログラム

  • 4つの研究部門の活動報告
  • 若手教員による最新の研究成果報告
  • センターで研究に励む学生の研究成果報告

など盛りだくさん

以下のフォームより2024年3月1日(金)12時(正午)までにお申込みください。
https://www.omu.ac.jp/orp/recap/contact/workshop2023.html

詳しい内容はこちら

2023年度人工光合成研究センター活動報告会ちらし

JURCC_bana

ap-coe_bana