各種ソフトウェア・ライセンス

全学利用ソフトウェア

研究用貸出ソフトウェア

大学へ申請して利用可能



■  大学への申請不要

全学利用ソフトウェア

ウイルス対策ソフト(ApexOne)

大学での学習や研究活動に使用する端末に限り、使用可能です。
Windows(64bitまたは32bit)用とMac用を用意しています。

すでに何らかのウイルス対策が有効になっている場合は、
 大学提供のウイルス対策ソフトのインストールは必須ではありません。

 (例)Windowsの標準機能であるWindows Defender(Windowsセキュリティ)が有効になっている
   ウイルス対策ソフトをインストールされている場合      

 ご自身のPCのウイルス対策が有効になっているかどうかは、 こちら を参照しご確認ください。

  • インストール条件・マニュアルなど詳細情報

Office365

Office365

大学での学習や研究活動に使用する端末に限り
個人所有のPC・タブレット/スマートフォン 各5台までインストールが可能です。
利用対象者や利用方法などの詳細は以下よりマニュアルをご確認ください。


  • Officeインストールマニュアル

Office 共有PCライセンス

マイクロソフトとの包括契約(EES)に関する特典として、
複数人で使用するPC(共有PC)に対してOfficeをインストールすることが可能です。
共有PC へのインストールに関しては、事前申請のうえインストールしていただきます。

  • Office(共有PC)のライセンスを申請できる者
    常勤教職員又はそれに準じる者

  • インストールできるPC

 包括ライセンスによりインストールできる共有PC は、下記全ての条件を満たしたPCに限ります。

 ・ PC の使用者が包括ライセンス対象者の範囲に限定されていること(
 ・ PC の所有権が本学にあること(個人所有のPC は対象外)
 ・ 本務(常勤)教職員が管理責任者となっているPC であること
 ・ 教育研究活動およびそれらをサポートする業務に限定して使用されるPC であること
 ・ 申請者(PC の管理責任者)の責任において、今後も適正な管理が行われるPC であること

包括ライセンスの対象者とは、本学よりA3ライセンスまたはA1ライセンスが付与された人を指します。
包括ライセンスの対象者以外も使用する共有PC にはインストールできませんのでご注意ください。


その他詳細・利用方法等は こちら

Zoom

◆  Zoom ミーティング

ライセンス付与対象者は申請後、大学提供の有償ライセンスにてZoomが利用可能です。
遠隔授業の他、本学に関連する会議や各種業務でご利用ください。
ライセンスが必要となるのはWEB会議を開催する人であり、
 WEB会議・遠隔授業に参加するだけであればライセンスの申請は不要です。
 
ただし、Zoomを利用する前にはZoomアプリのインストールが必要です。

注意事項

本学に在籍(在職)する期間のみ利用することができます。
 卒業や退職、職種変更などにより、利用対象者でなくなるタイミングでライセンスも停止となりますので停止の申請は不要です。
 
Zoomアプリのインストールについて
 本サービスを利用したことによる、パソコンのトラブル等に関して本学は一切責任を負いません。

Zoom会議に参加する人(Zoomアプリインストール方法)...    詳しくはこちら  
※アプリのインストールのみであれば申請は不要です。
    また、リンク先のマニュアルには「学生用マニュアル」と記載がありますが、インストール方法は教職員も同じです。

Zoom会議を主催する必要がある人(Zoomアカウントの取得方法)... 
   詳しくはこちら
大阪府立大学及び大阪市立大学でのZoom有償ライセンスを利用されていた方は こちら 
 

◆  Zoom ウェビナー

 本学もしくは本学の部局が主催・開催するイベントで参加者が300名を超える場合など、
 ウェビナー機能利用申込の条件全てに当てはまる場合はウェビナー機能の利用も可能です。
 なお、原則として、通常の遠隔授業はウェビナーではなくミーティングを使用してください。

 申請可能条件や申請方法など...    詳しくはこちら

Adobe Creative Cloud

All Appsプラン

利用対象者は、個人が専有しているPCにAdobe製品をインストールし、学内・学外を問わず、使用することが可能です。

(複数人で共有するPCにはインストールできません。)

利用対象者
  • 常勤教員
  • その他、情報基盤センター長が利用を認めた者

その他詳細・利用方法等は こちら

コンプリートプラン

共用で利用するPC及び全学調達事務端末にインストールが可能です。

個人所有または、個人が専有して利用するPCへはインストールできません。
※学内でのみ利用が可能です。学外への持ち出しは厳禁です。

利用対象者
  1. 共有PCでの利用
    • 本学の教職員、学生(ただし利用申請は共用PCを管理している教職員の方のみ行えます)
    • その他、情報基盤センター長が利用を認めた者
  2. 全学調達事務端末での利用
    • 全学調達事務端末を使用する事務職員

その他詳細・利用方法等は こちら

研究用貸出ソフトウェア

大学へ申請して利用可能

各種 研究用貸出ソフトウェア 

申請後、各種研究用貸出ソフトウェアを利用できます。 (申請者は本学の常勤教員に限ります。)
※提供ソフトウェアは今後変更することがあります。

■ 提供ソフトウェア一覧

 ・ Abaqus
 ・ ArcGIS Pro
 ・ ArcGIS Desktop
 ・ ArcGIS City Engine
 ・ CLC Genomics Workbench
 ・ Creo University Plus 
 ・ Gaussian
 ・ Gaussian  GaussView
 ・ Igor Pro
 ・ Maple
 ・ Mathcad Prime
 ・ Mathematica       学生が個人所有するPCへのインストールは下記「Mathematica Home Use For Students」を参照
 ・ MATLAB 
 ・ Origin Pro 
 ・ SPSS Statistics
 ・ SPSS Amos

ソフトウェアをインストールできるのは大学所有の端末のみであり、個人所有の端末にはインストールはできません。

各種研究用貸出ソフトウェアの利用について...... 詳しくはこちら
※教職員用ポータルサイトへのリンクのため、学生の方は閲覧できません。


大学への申請不要

 ※以下のソフトウェアは利用にあたって大学への申請は不要です。

Mathematica Home Use For Students

本学の学生はMathematica Home use が利用可能です。利用にはWolfram社への申請が必要になります。
※教職員は使用できません。常勤教員の方は、上記「各種 研究用貸出ソフトウェア」のMathematicaをご利用ください。

Mathematica Home Use For Studentsの利用について...... 詳しくはこちら

ChemOffice

本学ではChemOffice Professionalのサイトライセンス契約を結んでいます。
本学の教職員および学生は利用可能です。

ChemOfficeの利用について...  詳しくはこちら