物質化学生命系専攻 化学工学分野

 

教育目的

物質化学生命系専攻(博士前期課程)では、物理学、化学、及び生命科学に基づく新物質の創製や新機能の創出を通して、基礎から応用に至るまで科学の学理を総合的に理解し、化学物質の分析、合成、及び物性評価に関する幅広い知識と確かな技術を身に付けるとともに、新技術、新概念の創出、さらに資源循環を総合的に含む工業プロセスの構築に資する先導的研究を推進することにより、先端的かつ総合的な工学分野を開拓できる未来を担う人材を養成することを目的とする。

研究グループの構成と教員

中百舌鳥キャンパス

研究グループ 職名 氏名 主たる研究内容等
1.微粒子工学 教授 野村 俊之 微粒子工学、ナノ・メソ材料創製、微生物コロイド、エアロゾル工学
2.資源工学 教授 岩﨑 智宏 資源工学、粉体工学、機能性ナノ粒子、メカノケミストリー、数値シミュレーション
3.装置工学 教授 綿野 哲 装置工学、プロセスシステム工学、粉体工学、流動層工学、ナノテクノロジー、計測工学、製剤・薬剤学
准教授 仲村 英也 装置工学、プロセスシステム工学、粉体工学、全固体電池、粉体シミュレーション、分子シミュレーション
准教授 大﨑 修司 装置工学、プロセスシステム工学、粉体工学、計算粒子工学、材料工学
4.反応工学 教授 荻野 博康 反応工学、生物化学工学、微生物工学、タンパク質工学、酵素工学
准教授 山田 亮祐 反応工学、生物化学工学、微生物工学、タンパク質工学、酵素工学
助教 松本 拓也 反応工学、生物化学工学、微生物工学、タンパク質工学、酵素工学
5.分離工学 教授 武藤 明徳 分離プロセス工学、機能性炭素材料、マイクロリアクター、吸着、イオン交換、抽出、光触媒
6.材料プロセス工学 教授 齊藤 丈靖 材料プロセス工学、めっき、CVD反応工学、強誘電体材料、ワイドバンドギャップ材料、半導体デバイス用配線材料のプロセス工学
准教授 岡本 尚樹 材料プロセス工学、電気化学工学、微小めっき、めっきプロセス(電折、無電解)、材料工学
7.環境・エネルギープロセス工学 教授 安田 昌弘 環境エネルギープロセス工学、反応工学、生物化学工学、重合工学、生体組織工学
准教授 堀江 孝史 環境エネルギープロセス工学、移動現象工学、反応工学、プロセス強化、マイクロリアクター、晶析
助教 沖田 愛利香 環境エネルギープロセス工学、非平衡科学、ナノマイクロシステム、アクティブソフトマター
8.ナノ化学システム工学 准教授 許 岩 ナノ化学システム工学、マイクロチップ、1分子化学、1細胞解析、生体材料学、分析化学、ナノメディシン

 

研究トピック

省資源で省エネルギーな新技術を創製。バイオの力で持続可能なものづくりに挑む。

反応工学研究グループ

私たちの体の中には酵素という触媒があります。酵素は常温で触媒機能を発揮し、副生成物を生成せずに目的物質のみを生成する特徴を持っています。この酵素の働きにより、我々は食べ物から生命の維持に必要な物質やエネルギーを無駄なく生成することが可能になっています。このような酵素や酵母などの微生物を化学品製造反応の触媒として用いると、省資源で省エネルギーな環境にやさしい化学製品の製造が可能になります。反応工学グループでは酵素や微生物を触媒として用い、エネルギーやファインケミカルを生み出す次世代の化学反応プロセスの構築にも取り組んでいます。環境と調和した社会の実現をめざし、夢をカタチにします。

酵素の分子

酵素の分子設計

 

化学工学実験の様子

反応工学研究の様子

 

研究指導教員の決定方法について

博士前期課程

研究指導教員の役割

  1. 研究指導教員は、研究指導教員の専門分野、学生の希望する研究課題、指導環境などを考慮し、学生の同意を得た上で研究課題を決定し、研究を指導する。
  2. 研究指導教員は、研究指導に加え、学生の教育・研究に必要となる授業科目について、シラバスと履修モデルを参考にして個々の学生を指導する。
  3. また、研究指導教員は学生の進路に関し、助言する。研究指導教員は、学生の希望に基づき学生ごとに1名を決定する。

研究指導教員の決定プロセス

大学院博士前期課程入学者の研究指導教員の決定のプロセスは以下のとおりとする。

  1. 博士前期課程志願者は、募集要項の担当教員表等をもとに、事前に希望する教員への研究室訪問や面談を行い、出願書類の志望理由書に「入学後の研究希望内容」を記載する。
  2. 出願書類をもとに、分野教授会において研究指導教員を入学時までに決定し、志願者に通知する。志願者の希望を受け入れることが困難な場合、関連する研究分野の教員と学生が面談を行い、志願者の希望を再度確認した上で研究指導教員を決定する。
  3. 通常、入学前の3月中旬までに指導教員を決定し、個別にメール等にて連絡する。
  4. なお、研究の進捗等に応じ、研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)を変更することがある。

副指導教員制度

  1. 副指導教員は、研究指導教員と協力して学生の研究指導を補助的に行う教員とする。
  2. 副指導教員は、上記に加え、研究指導教員の指導についての相談や調整を行う。
  3. 副指導教員は、必要に応じて学生の希望に基づき学生ごとに1名又は2名を決定する。

研究指導計画

化学工学分野における研究指導計画は、以下の1~9のとおりである。研究指導教員は学生の研究指導を行うにあたり、化学工学分野研究指導計画書記入例を明示し、毎年度の初めに、学生の1年間の研究計画についての打合せを学生と十分に行った上で、以下に沿って、研究指導を行うものとする。学生の研究指導計画の詳細は、学生の研究計画を確認した上で作成し、明示する。

1.研究計画の立案(1年次4月~5月)
  1. 学生は、決定した研究課題に関して先行研究の整理、仮説の設定を行い、研究計画を立案し、研究指導計画書としてまとめる。研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)は、研究指導計画書を確認する。
  2. 研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)は、学生が研究計画を立案するに当たって、研究方法・文献検索方法・文献読解方法などを指導する。
2.研究の遂行(1年次5月~2年次12月)
  1. 学生は、研究計画に従って研究を遂行し、得られた結果をまとめ、研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)に定期的に報告する。
  2. 研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)は、研究の進行を確認しつつ、実験・調査方法、結果のまとめ方、および、考察の仕方などを指導する。
3.研究経過の中間報告

修士研究の経過について、分野全体の中間報告会を実施することがある。その際、研究指導教員以外の分野教員からも指導や助言を受ける。

4.研究指導報告書の作成(2年次12月~3月)

研究指導報告書は、学生が記入する研究実施報告(研究指導計画に沿って、進捗状況、実績、成果等を記載)と指導教員が記入する研究指導報告(学生の取組み状況,指導内容、指導結果、指導計画の変更等を記載)から構成される。学生は研究実施経過を記入のうえ、研究指導教員に提出する。研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)は、学生からの研究実施報告を確認の上で、学生と十分な相談・打合せを行い、研究指導実施報告を確認する。

5.修士論文の作成(2年次12月~2月)
  1. 学生は研究成果をもとに修士論文の作成を開始し、研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)のもとで修士論文をまとめる。
  2. 研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)は、修士論文の構成や図表の作成、文献の整理・引用等、論文のまとめ方を指導する。
6.学位授与申請(2年次1月~2月)

学生は修士論文要旨などを指定した期日までに提出する。

7.修士論文発表会(2年次2月~3月)

修士研究で得られた成果について、発表会(秘密会)を実施する。発表会では、分野教員から指導や助言を受ける。

8.修士論文の提出(2年次2月~3月)

学生は修士論文や要旨を指定した期日までに提出する。

9.修士論文の審査(2年次2月~3月)

学位論文審査委員(主査、副査)を決定し、修士論文、要旨、および修士論文発表会の内容を審査し、工学研究科教授会(運営委員会)に提出し、承認を得る。

博士後期課程

研究指導教員の役割

  1. 研究指導教員は、研究指導教員の専門分野、学生の希望する研究課題、指導環境などを考慮し、学生の同意を得た上で研究課題を決定し、研究を指導する。
  2. 研究指導教員は、研究指導に加え、学生の教育・研究に必要となる授業科目について、シラバスと履修モデルを参考にして個々の学生を指導する。
  3. また、研究指導教員は学生の進路に関し、アドバイスする。
  4. 研究指導教員は、学生の希望に基づき学生ごとに1名を決定する。
  5. 副指導教員は主任指導教員を補佐する。

研究指導教員の決定プロセス

大学院博士後期課程入学者の研究指導教員の決定のプロセスは以下のとおりとする。

  1. 博士後期課程志願者は、募集要項の担当教員表等をもとに、事前に希望する教員への研究室訪問や面談を行い、出願書類の入学願書に「指導を希望する教員名」、志望理由書に「入学後の研究希望内容」を記載する。
  2. 出願書類をもとに、分野教授会において研究指導教員を入学時までに決定し、志願者に通知する。志願者の希望を受け入れることが困難な場合、関連する研究分野の教員と学生が面談を行い、志願者の希望を再度確認した上で研究指導教員を決定する。
  3. 通常、入学前の3月中旬までに指導教員を決定し、個別にメール等にて連絡する。
  4. なお、研究の進捗等に応じ、研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)を変更することがある。

副指導教員制度

  1. 副指導教員は、研究指導教員と協力して学生の研究指導を補助的に行う教員とする。
  2. 副指導教員は、上記に加え、研究指導教員の指導についての相談や調整を行う。
  3. 副指導教員は、必要に応じて学生の希望に基づき学生ごとに1名又は2名を決定する。

研究指導計画

化学工学分野における研究指導計画は、以下の1~8のとおりである。研究指導教員は学生の研究指導を行うにあたり、化学工学分野研究指導計画書記入例を明示し、毎年度の初めに、学生の1年間の研究計画についての打合せを学生と十分に行った上で、以下に沿って、研究指導を行うものとする。学生の研究指導計画の詳細は、学生の研究計画を確認した上で作成し、明示する

1.研究計画の立案(1年次4月~5月)
  1. 学生は、決定した研究課題に関して先行研究の整理、仮説の設定を行い、研究計画を立案、研究指導計画書としてまとめる。研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)は、研究指導計画書を確認する。
  2. 研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)は、学生が研究計画を立案するに当たって、研究方法・文献検索方法・文献読解方法などを指導する。
2.研究の遂行(1年次5月~3年次10月)
  1. 学生は、研究計画に従って研究を遂行し、得られた結果をまとめ、研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)に定期的に報告する。
  2. 研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)は、研究の進行を確認しつつ、実験・調査方法、結果のまとめ方、および、考察の仕方などを指導する。
3.研究経過の中間報告 

博士研究の経過について、分野全体の中間報告会を実施することがある。その際、研究指導教員以外の分野教員からも指導や助言を受ける。

4.研究指導報告書の作成(3年次12月~3月)

研究指導報告書は、学生が記入する研究実施報告(研究指導計画に沿って、進捗状況、実績、成果等を記載)と研究指導教員が記入する研究指導報告(学生の取組み状況,指導内容、指導結果、指導計画の変更等を記載)から構成される。学生は研究実施経過を記入のうえ、研究実施報告を研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)に提出する。研究指導教員(必要に応じて副指導教員を含む)は、学生からの研究実施報告を確認の上で、学生と十分な相談・打合せを行い、研究指導実施報告を確認する。

5.博士論文の作成(3年次10月~12月)

学生は研究成果をもとに博士論文の作成を開始し、研究指導教員のもとで博士論文をまとめる。

6.博士論文の予備審査

博士研究で得られた成果に応じ、主査候補教授1名と副査候補教授2名以上を決定する。主査および副査候補は博士論文の提出まで予備審査を実施し、問題点を指導、助言する。

7.学位授与申請(3年次1月~2月)

学生は博士論文や要旨などを指定した期日までに提出する。

8.学位論文の審査(3年次1月~3月)

学位授与の申請が受理されたとき、工学研究科教授会(運営委員会)で、学位論文審査委員会を設置する。学位論文審査委員会は、学位論文を審査するとともに、公聴会や最終試験を実施する。

卒業生の声

化学工学を武器に世界で活躍できる研究者・技術者になろう!

大阪府立大学 大学院 工学研究科 物質・化学系専攻 化学工学分野 博士後期課程を修了し博士号を取得 菅 裕之 さん
愛媛県立松山東高校 出身
勤務先 住友化学株式会社

化学工学は身のまわりの様々な製品に深く関わっていることを知り、興味を持ちました。将来はものづくりに関わりたいと考えていたため、化学工学を学んで可能性を広げようと化学工学科を志望しました。私は博士後期課程まで進学したので、大学で9年間を過ごしましたが、ものづくりの上流から下流までの全体に関わるたくさんの知識を身につけることができました。卒業後も幅広い分野で活躍できる人材になれることが化学工学の魅力だと思います。私は現在、農薬製剤の研究開発に携わっています。研究所で、どのような処方でどのようなプロセスで製造するのがよいのかを検討し、実際に国内や海外の製造工場に出向いて、現場の方と製品を完成させていきます。大学時代は、粉体工学を専門に博士の学位を取得しましたが、幸運にも在学中に培った知識が現在の仕事に直結しています。また、大学での研究を通して学んだ物事の考え方や進め方は円滑な業務遂行に大変役に立っています。ものづくりに不可欠な学問である化学工学を学んだ人材は、これからの時代にはより一層必要とされると思います。化学工学を学び、世界を舞台に活躍する研究者・技術者をともにめざしましょう!

菅 裕之さん

 

主な就職先

三菱ケミカル/住友化学/東レ/旭化成/三井化学/信越化学工業/AGC/積水化学工業/花王/資生堂/武田薬品工業/アステラス製薬/第一三共/エーザイ/大塚製薬/塩野義製薬/サントリー/味の素/明治/アサヒビール/日揮/千代田化工建設/東洋エンジニアリング/川崎重工業/鹿島建設/神戸製鋼所/トヨタ自動車/本田技研工業/日産自動車/デンソー/関西電力/大阪ガス/凸版印刷/パナソニック/ダイキン工業/京セラ/村田製作所/A.T.カーニー/産業技術総合研究所/特許庁/地方自治体/大阪府立大学 ほか

ポリシー

アドミッション・ポリシー

博士前期課程

物質化学生命系専攻では、人と社会と自然に対する広い視野と深い知識を持ち、豊かな人間性、高い倫理観、高度の専門能力を兼ね備え、応用化学、化学工学、マテリアル工学、化学バイオ工学の4分野のうち何れかの分野における重要な課題を主体的に認識して問題の解決に努め、社会の発展、福祉の向上、および文化の創造に貢献できる技術者、研究者を育成することを理念とし、物質科学・化学・生命科学に関する教育研究を行う。

  1. 物質科学・化学・生命科学に関する技術者、研究者として社会に貢献しようとする意欲を持った者
  2. 物質科学・化学・生命科学に関する技術が人・社会・自然に及ぼす影響について、深く考えようとする姿勢と強い責任感を持った者
  3. 科学技術の著しい進歩に対して、主体的、積極的に新しい分野を切り拓こうとする姿勢と熱意を持った者
  4. 高い基礎学力と豊かな専門分野の基礎知識を持ち、自ら未知の問題解決のために立ち向かおうとする意欲のある者
  5. 異なる文化を理解し、多彩で国際的なコミュニケーションを図ろうとする意欲を持った者

 

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  1. 大学における理系の基礎的な科目および各専門分野の科目を幅広く学び、基礎学力および各専門分野の基本的な知識を身に付けていること
  2. 物質科学・化学・生命科学に関する専門分野における英文を読んで理解し、書いて表現するための基本的な能力を身に付けていること
  3. 物質科学・化学・生命科学に関する課題を見つけ、解決しようとする基本的な能力を身に付けていること

 

博士後期課程

物質化学生命系専攻では、人と社会と自然に対する広い視野と深い知識を持ち、豊かな人間性、高い倫理観、高度の専門能力を兼ね備え、応用化学、化学工学、マテリアル工学、化学バイオ工学の4分野のうち何れかの分野における重要な課題を主体的に認識して問題の解決に努め、社会の発展、福祉の向上、および文化の創造に貢献できる技術者、研究者を育成することを理念とし、物質科学・化学・生命科学に関する教育研究を行う。
このような理念のもと教育研究を行うにあたり、物質化学生命系専攻は次のような資質と能力、意欲を持った学生を求める。

  1. 物質科学・化学・生命科学に関する専門性の高い技術者、自立した研究者として社会に貢献しようとする意欲を持った者
  2. 科学技術が人・社会・自然に及ぼす影響について深く考えながら、物質科学・化学・生命科学に関する研究に取組む姿勢と強い責任感を持った者
  3. 科学技術の著しい進歩に対して、主体的、積極的に物質科学・化学・生命科学に関する新しい分野を切り拓こうとする姿勢と熱意を持った者
  4. 物質科学・化学・生命科学に関する深い専門知識と周辺分野の幅広い知識を持ち、問題の分析・総合・評価を行い、知識を体系化しようとする意欲のある者
  5. 国際的にも、研究成果を発信し、研究活動を行おうとする意欲を持った者

 

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  1. 大学および大学院博士前期課程における理系の基礎的な科目および物質科学・化学・生命科学に関する工学分野の科目を幅広くかつ深く学び、高い基礎学力および物質科学・化学・生命科学に関する豊かな知識を身に付けていること
  2. 物質科学・化学・生命科学に関する英文を読んで正確に理解するとともに、自らの研究成果を英文で論理的に表現し、発表するための能力を身に付けていること
  3. 物質科学・化学・生命科学に関する諸課題を見つけ、それらを体系的に整理するとともに、合理的に解決しようとする高度な能力を身に付けていること

 

ディプロマ・ポリシー

博士前期課程

物質化学生命系専攻化学工学分野では、工学研究科のディプロマ・ポリシー及び本分野の人材養成の方針のもと、以下の項目を学位授与のために身に付けるべき能力とし、これらの能力を修得した者に修士(工学)の学位を授与する。

  1. 日本語および英語で、物質化学生命の広い領域、特に化学工学の専門に関する文章を読み、その内容を理解することができ、化学的、物理的、生物的生産プロセスやその複合プロセスについて科学的・論理的な議論ができる。
  2. 物質化学生命および化学工学に関する専門知識を利用することにより、リサイクル、資源の枯渇問題および環境への負荷などを考慮した生産プロセスの構築および評価をすることができる。
  3. 物質化学生命および化学工学に関する専門知識を利用することにより、地球規模の環境問題を含む社会の様々な問題の解決を考慮した生産技術を確立・評価をすることができる。
  4. 新しい研究課題に対し、新しい実験方法の開発および実験結果の解析を、物質化学生命、および化学工学の知見に基づき行うことができる。また、研究課題の解決方法を明確に提案することができる。
  5. 文献検索システムやインターネットなどを用いて物質化学生命および化学工学の専門に関する情報を収集・分析し、その価値を判断することができる。これらをまとめて日本語および英語の論理的な記述力、口頭発表力、討議などの国際的コミュニケーションができる。
  6. 技術が社会に及ぼす影響を認識し、技術者が社会に対して負っている責任を自覚し、高い倫理観で判断できる。課題研究の公正な推進を行うことができる。

 

博士後期課程

物質化学生命系専攻化学工学分野では、工学研究科のディプロマ・ポリシー及び本分野の人材養成の方針のもと、以下の項目を学位授与のために身に付けるべき能力とし、これらの能力を修得した者に博士(工学)の学位を授与する。

  1. 日本語および英語で、物質化学生命の広い領域、特に化学工学の専門に関する文章を読み、その内容を高度に解析・理解することができ、化学的、物理的、生物学的生産プロセスやその複合プロセスに対して科学的・技術的な立場から論理的な議論ができる。
  2. 物質化学生命および化学工学に関する専門知識を積極的に修得し、応用することにより、リサイクル、資源の枯渇問題および環境への負荷などを考慮した生産プロセスを構築するとともに、経済性や問題を解決して持続的に発展させることができる。
  3. 物質化学生命および化学工学に関する専門知識を積極的に修得し、応用することにより、地球規模の環境問題を含む社会の様々な問題の解決を考慮した生産技術を確立・解析するとともに、新しい技術を創成することができる。
  4. 新しい研究課題に対し、新しい実験方法の開発および実験結果の解析を、物質化学生命、および化学工学や周辺技術の知見に基づき詳細に行うことができる。また、従来にない新しい研究課題の解決方法を独自に提案することができる。
  5. 文献検索システムやインターネットなどを用いて物質化学生命および化学工学の専門や関連する専門に関する情報を効率よく収集・解析し、その価値を判断することができる。これらをまとめて高度な日本語および英語の論理的な記述力、口頭発表力、討議などの国際的コミュニケーションができる。
  6. 技術が社会におよぼす影響を正確に認識し、技術者が社会に対して負っている責任を十分に理解し、高い倫理観で判断できる。課題研究の公正かつ高度な推進を行うことができる。

 

カリキュラム・ポリシー

博士前期課程

物質化学生命系専攻化学工学分野のディプロマ・ポリシーを踏まえ、以下のカリキュラムを編成する。

  1. 1年次では、日本語および英語で、物質化学生命、特に化学工学の専門に関する文章を読み、その内容を理解することができ、化学的、物理的、生物学的生産プロセスやその複合プロセスについて科学的・論理的な議論ができるように、「粉体工学特論」、「反応工学特論」、「化学工学流体力学特論」、「プロセスシステム工学特論」、「分離工学特論」、「材料プロセス工学特論」を提供する。
  2. 1年次では、物質化学生命および化学工学に関する専門知識を利用することにより、リサイクル、資源の枯渇問題および環境への負荷などを考慮した生産プロセスの構築および評価をすることができるように、「資源工学特論」、「熱・物質移動特論」を提供する。
  3. 1年次では、物質化学生命および化学工学に関する専門知識を利用することにより、地球規模の環境問題を含む社会の様々な問題の解決を考慮した生産技術を確立・評価をすることができるように、「化学工学特論1、2」、「環境エネルギープロセス工学特論」を提供する。
  4. 新しい研究課題に対し、新しい実験方法の開発および実験結果の解析を、物質化学生命、および化学工学の知見に基づき行うことができる。また、研究課題の解決方法を明確に提案することができるように、2年次前期に「物質化学生命系特別研究第1」、2年次後期に「物質化学生命系特別研究第2」をすべて必修科目として提供する。
  5. 文献検索システムやインターネットなどを用いて、物質化学生命および化学工学の専門に関する情報を収集・分析し、その価値を判断することができる。これらをまとめて日本語および英語の論理的な記述力、口頭発表力、討議などの国際的コミュニケーションができるように、1年次前期に「物質化学生命系特別演習第1」、1年次後期に「物質化学生命系特別演習第2」、2年次前期に「物質化学生命系特別研究第1」2年次後期に「物質化学生命系特別研究、第2」をすべて必修科目として提供する。
  6. 1年次前期の初めに、技術が社会におよぼす影響を認識し、技術者が社会に対して負っている責任を自覚し、高い倫理観で判断できる。課題研究の公正な推進を行うことができるように必修科目として「研究公正A」を提供する。

 

博士後期課程

物質化学生命系専攻化学工学分野のディプロマ・ポリシーを踏まえ、以下のカリキュラムを編成する。

  1. 日本語および英語で、物質化学生命、特に化学工学の専門に関する文章を読み、その内容を高度に解析・理解することができ、化学的、物理的、生物学的生産プロセスやその複合プロセスに対して科学的・技術的な立場から論理的な議論ができるように、「物質化学生命系特別演習」、「物質化学生命系特別研究」を提供する。
  2. 物質化学生命および化学工学に関する専門知識を積極的に修得し、応用することにより、リサイクル、資源の枯渇問題および環境への負荷などを考慮した生産プロセスを構築するとともに、経済性や問題点を解決して持続的に発展させることができるように、「物質化学生命系特別研究」を提供する。
  3. 物質化学生命および化学工学に関する専門知識を積極的に修得し、応用することにより、地球規模の環境問題を含む社会の様々な問題の解決を考慮した生産技術を確立・解析するとともに新しい技術を創製することができるように、「物質化学生命系特別研究」を提供する。
  4. 新しい研究課題に対し、新しい実験方法の開発および実験結果の解析を、物質化学生命、および化学工学や周辺技術の知見に基づき詳細に行うことができる。また、従来にない新しい研究課題の解決方法を独自に提案することができるように、「物質化学生命系特別研究」を提供する。
  5. 文献検索システムやインターネットなどを用いて物質化学生命および化学工学の専門や関連する専門に関する情報を効率よく収集・分析し、その価値を判断することができる。これらをまとめて高度な日本語および英語の論理的な記述力、口頭発表力、討議などの国際的コミュニケーションができるように、「物質化学生命系特別演習」、「物質化学生命系特別研究」を提供する。
  6. 1年次前期の初めに、技術が社会におよぼす影響を正確に認識し、技術者が社会に対して負っている責任を十分に理解し、高い倫理観で判断できる。課題研究の公正かつ高度な推進を行うことができるように、必修科目として「研究公正B」を提供する。

 

各科目の学修成果は、定期試験、中間試験、レポート、発表等の平常点等で評価することとし、その評価方法の詳細については、授業内容の詳細とあわせてシラバスに記載する。