COLOURS project

COLOURS title

COLOURSプロジェクトとは

民生用センサを用いて,飛翔中のロケットを自律制御することを目標としてロケットの開発・研究を行っています。 combustion(燃焼)、reloadable(再使用可能)、university(大学)、rockets(ロケット)から文字を取ってCOLOURSと命名しました。

7d727020cc06145f864330f7a236a719

ハイブリッドロケットのエンジンを自作して、自律制御ができるハイブリッドロケットの開発を目指しています。

ハイブリッドロケット開発

モデルロケット開発

ハイブリッドロケット

ハイブリッドロケットとは

ハイブリッドロケットとは固体の燃料と液体または気体の酸化剤という相の異なる燃料と酸化剤を利用したエンジンを使用するロケットのことです。

一般的にハイブリッドロケットの燃料として利用されるのはアクリルや合成ゴムなどの常温での反応性が低い物質であり、燃料の保管が容易です。今までSSSRCではコールドロケットと呼ばれる、液体が気体に変化する際の膨張する力を利用したロケットを作成していました。しかしながら人材不足によりロケットプロジェクトが衰退してしまいました。

そのような中で私たちは新たな目標を掲げ、ロケットプロジェクトを再始動させました。私たちの目標は可制御な再使用ロケットの開発です。

学生が利用できる日本の射場は規模が小さく、その小さな制限範囲にロケットを落下させる必要があります。今までの小型ロケットでは制御はせずに落下分散を制限範囲にすることで打ち上げをしていました。しかしながらそれでは落下分散を小さくするために高度を下げたり、打ち上げ時の風速によって制限したりする必要があります。

それらの問題を解決するべく、小型ロケットの制御に取り組もうと考えました。また、制御により再使用可能な状態で回収することで一回当たりのコストを減らし、研究機会を増やしたいと考えています。

このような目標を達成するにあたり、制御できるだけの十分な高度の確保という要求から燃焼型ロケットの中でも大学の研究として安全に利用しやすいハイブリッドロケットを選択しました。

開発の進捗

昨年はハイブリッドロケットの打ち上げに必要な地上支援局(Ground Support Equipment 以下GSE)と呼ばれる設備の開発に取り組みました。

GSEは発射時にロケットに液体の酸化剤を注入するための設備であり、高圧の液体が配管内を流れるため十分注意し設計・運用する必要があります。今年度はこのGSEを利用してエンジンの燃焼試験をするとともに初めてのハイブリッドロケットの打ち上げに挑戦しようと考えています。

名称未設定のデザイン

モデルロケット

千草

技術継承および技術の向上を目指してG型モデルロケットの開発を行っています。現在開発は終盤ですが、感染症による打ち上げ実験の中止ならびにモデルロケットエンジン価格急騰の影響で打ち上げが延期となっております。

Rocket Start

2020年11月初旬に第8回加太宇宙イベントに参加しました。 ここでは初速がハイブリッドロケットに近いG型モデルロケット "Rocket Start" の打ち上げを行い、ロケットの構造や電装部品、打ち上げの手順について学習しました。 打ち上げには成功しましたが、パラシュートが開かず弾道落下してしまいました。 機体は大破しましたが、幸運にも保存していたデータを無事に取り出すことができました。

rocket_body2-scaled

rocket_broken-scaled

今後のプラン

私たちは当団体初のハイブリッドロケットの打ち上げをして、さらなる飛翔データの取得を行うことを目標として現在開発を行っています。

SNS

当プロジェクトではTwitterを用いて情報発信を行っています。ぜひフォローをお願いします!

 twitter
ID : @SSSRC_Rocket