プリンタ利用方法

プリンタ・印刷サービスについて

大阪公立大学に所属している学生は学内のプリンタを利用することができます。
学内のプリンタは、あくまで教育目的で設置されたものです。クラブやサークルの宣伝用チラシなどの印刷は禁止します。

以下、大阪公立大学のプリンタ・印刷サービスについての注意事項及び使用方法について説明します。

キャンパス共通の注意事項

印刷枚数

情報処理教育システムでは、紙資源の過剰な消費を防ぐために印刷枚数の制限があります。
【中百舌鳥・羽曳野・りんくう】キャンパスと杉本キャンパスで、それぞれ300ポイントずつ利用できます。

キャンパス プリンタ出力枚数の上限 モノクロ印刷 カラー印刷
中百舌鳥、羽曳野、りんくう 300 ポイント / 年 1 ポイント / 枚 4 ポイント / 枚
杉本 300 ポイント / 年 1 ポイント / 枚 4 ポイント / 枚

  • 原則、年度内に印刷することができる枚数を増やすことはできません。
    プリンタを利用する場合は、必ず印刷枚数や印刷状況を確かめてから印刷を行うようにしてください。
  • ミスプリントも通常の印刷同様、印刷枚数に加算されるので注意してください。
  • オンデマンド端末(プリンタの端末)には印刷可能な残り枚数が表示されます。
  • 印刷のカウントは、印刷枚数で行われます。両面印刷の場合でも一枚のカウントとなります。
  • 「ディスクとプリンタ用紙使用量」に表示される情報は前日までの集計結果です。
    印刷可能枚数がリアルタイムで更新、表示されるわけではないことに注意してください。


※印刷ポイントにおける注意※
 年間制限値(「杉本キャンパス」「なかもず・羽曳野・りんくうキャンパス」でそれぞれ300ポイント)以内で利用できるように
 各自で管理してください。また、授業や研究に無関係な印刷(クラブやサークルの宣伝用ビラ、就職活動関連資料など)は、
 制限枚数の範囲内であっても印刷ポイントの利用を禁止されています。
 適正にポイントを使用された上でポイントを使い切ってしまった場合は、ITヘルプデスクお問い合わせフォームより
 ご相談ください。

用紙サイズ・印刷色について

A4 及び A3 用紙で印刷が可能です。(ただしA3用紙での印刷は一部のプリンタに限ります)
A4印刷のみ可能なプリンタで別のサイズを指定して印刷すると、強制的にA4サイズに変更されて印刷されます。
また、本システムにおいてモノクロおよびカラー印刷に、追加費用はかかりません(ポイントの管理には注意してください)。

プリンタ利用方法

プリンタの利用方法はキャンパスによって異なります。
利用するプリンタが設置してあるキャンパスの利用方法を、以下より参照してください。