物質化学生命系専攻 化学バイオ工学分野

 

教育目的

物質化学生命系専攻(博士前期課程)では、物理学、化学、及び生命科学に基づく新物質の創製や新機能の創出を通して、基礎から応用に至るまで科学の学理を総合的に理解し、化学物質の分析、合成、及び物性評価に関する幅広い知識と確かな技術を身に付けるとともに、新技術、新概念の創出、さらに資源循環を総合的に含む工業プロセスの構築に資する先導的研究を推進することにより、先端的かつ総合的な工学分野を開拓できる未来を担う人材を養成することを目的とする。

研究グループの構成と教員

杉本キャンパス

研究グループ 職名 氏名 主たる研究内容等
1.物理分析化学 教授 辻 幸一 微小部微量元素分析法の開発、元素イメージングの手法開発と材料解析や環境分析への応用
2.無機エネルギー化学 教授 山田 裕介 金属錯体およびナノ粒子集合体を利用した活性点構造が明らかな固体触媒材料の開発とエネルギーならびに環境関連化学への応用
准教授 有吉 欽吾 リチウムイオン電池、次世代電池用電極材料、リチウムインサーション反応の固体電気化学
3.材料化学 教授 小畠 誠也 光機能性有機結晶材料の設計と固体物性制御、光機能性高分子材料の合成と物性評価、分子機能素子の開発
講師 北川 大地
4.有機・高分子化学 教授 堀邊 英夫 多成分系高分子の相溶性と結晶構造解析、フィラー分散高分子の導電性評価、感光性高分子の開発、活性種と有機化合物との化学反応性解析
准教授 田村 正純 カーボンリサイクル、グリーンケミストーリーに資する触媒・触媒プロセスの設計・開発
5.機能分子化学 教授 佐藤 絵理子 モノマー・ポリマーの分子設計と制御重合反応の開発、高分子反応の高次制御、刺激応答性材料・機能性接着材料・界面機能材料の設計と開発
6.反応化学工学 教授 米谷 紀嗣 亜臨界・超臨界流体中の反応解析と工学的利用、極限環境下のバイオマスの物理化学的研究、光触媒の環境化学への応用
7.生物化学工学 准教授 五十嵐 幸一 医薬等の有機化合物の晶析操作における粒径及び多形の制御、新規晶析装置の開発、バイオマスの有効利用
8.生体機能工学 教授 長﨑 健 バイオポリマーをベースとする医用材料(DDS・ホウ素中性子捕捉療法用ホウ素薬剤・組織接着剤・癒着防止剤)の創製、がん微小環境の人工的再構築とがん治療増感システムの開発、スフィンゴ脂質類縁体の合成・天然物を基にした新規抗がん剤及び抗炎症剤の開発
講師 東 秀紀
9.細胞工学 教授 東 雅之 微生物と細胞表層をキーワードとした細胞の新しい機能の発掘と合成生物工学的手法による新機能細胞の構築、それら有用細胞の工学的な応用からの医薬、環境・エネルギー、食品分野への展開
准教授 尾島 由紘
10.生物分子工学 教授 北村 昌也 酸化還元タンパク質の構造機能相関、酵素の工学的応用
准教授 中西 猛 バイオ医薬創出を目指した人工抗体の設計と遺伝子工学技術による生産
11.生体材料工学 教授 立花 亮 RNA干渉、RNA編集、ゲノム編集や合成生物学の手法を用いた、核酸医薬、細胞医薬の開発
12.創薬生命工学 教授 立花 太郎 ゲノム編集など生命工学技術を応用した創薬研究、高性能モノクローナル抗体作製法の開発、バイオ医薬品の創製、診断および治療応用を目指したモノクローナル抗体の作製、がん治療を目的とした生命工学研究
講師 横山 智哉子
13.環境材料化学 教授 吉田 朋子※ 固体触媒・光触媒の合成・設計、人工光合成をはじめとする環境調和型化学反応の開発、放射光分光・電子分光法を利用した機能性材料物性評価

 

※ 人工光合成研究センター教授・工学研究科兼任教授

研究トピック

酵母や大腸菌をモデルとして
微生物の可能性を探究し、新しい世界を開く。

細胞工学研究グループ

酵母や大腸菌をモデルとして、遺伝子工学的手法を用いた改良によって食品・環境・エネルギー・医薬など幅広い分野への応用をめざしています。特に注目しているのは酵母の表層構造です。例えば、酵母の表層には免疫を活性化させる構造体があるため、免疫機能を最大限に発揮できるパン酵母への改変を試みています。この改変の過程で、パン酵母の変異株には細胞自体に強い乳化作用があることも発見されたため、現在特許を出願中です。免疫賦活作用と乳化作用を併せ持つ成分の応用に向けて、メーカーと協働して研究を進めています。一方、有害な重金属や稀少なレアメタルを酵母の細胞壁に吸着させて回収することも可能です。当研究室では、多糖のリン酸化を行うことで吸着力が高まる現象を発見し、実用化に向けて研究に取り組んでいます。ほかにも酵母を活用した副作用の少ない抗真菌薬の開発、微生物燃料電池に適した触媒微生物の開発などにも取り組んでいます。

リン酸化酵母内のリン酸基の局在と細胞表層染色

 

研究指導教員の決定方法について

博士前期課程

研究指導教員の役割

  1. 研究指導教員は、学生の希望する研究課題、指導教員の専門分野、指導環境などを考慮して研究課題を決定し、主として研究指導を行う教員である。
  2. 研究指導教員は、研究指導に加え、学生の教育・研究に必要となる授業科目について、シラバスと履修モデルを参考にして個々の学生の指導を行う。
  3. 研究指導教員は、学生の希望と成績を考慮して、学生ごとに1名以上を決定する。

研究指導教員の決定プロセス

化学バイオ工学分野における大学院博士前期課程入学者の研究指導教員の決定のプロセスは以下のとおりである。

  1. 志願者は、募集要項の担当教員表等をもとに、事前に希望する教員への研究室訪問や面談を行い、出願書類の志望理由書に「入学後の研究希望内容」を記載する。
  2. 入試時の面談及び、出願書類の志望理由書に記載の「入学後の研究希望内容」をもとに、化学バイオ工学分野教授会において研究指導教員または研究グループを決定する。指導を希望する教員または研究グループへの受入ができない場合、関連する研究分野の教員と学生が面談を行い、学生の希望を再度確認した上で研究指導教員または研究グループを決定する。
  3. 通常、入学までに研究指導教員または研究グループを決定し、分野長より本人に連絡する。
  4. なお、研究の進捗等に応じて、研究指導教員を変更することがある。

副研究指導教員制度

  1. 副研究指導教員は、研究指導教員と協力して学生の研究指導を補助的に行う化学バイオ工学分野に所属する教員である。
  2. 副研究指導教員は、上記に加え、研究指導教員の指導について、学生から相談を受けたり、学生にアドバイスを行う。
  3. 副研究指導教員は、学生の同意を得た上で、研究指導教員が1名以上を決定する。

研究指導計画

本分野における研究指導計画は、以下の1~8のとおりである。指導教員は学生の研究指導を行うにあたり、この研究指導計画を明示し、毎年度の初めに、学生の1年間の研究計画についての打合せを学生と十分に行った上で、以下に沿って、研究指導を行うものとする。学生の研究指導計画の詳細は、学生の研究計画を確認した上で作成し、明示する。

1.研究計画の立案(1年次4月~5月(予定))
  1. 学生は、決定した研究課題に関して先行研究の整理、仮説の設定を行い、指導教員とともに研究計画を立案する。
  2. 研究指導教員は、学生が研究計画を立案するに当たって、研究方法、文献検索方法、文献読解方法などを指導する。
  3. 指導教員は、学生が記入し提出した研究指導計画書の研究計画に基づき、課程修了までの研究指導計画を1年ごとに記載し、学生と副指導教員に明示した後、6月末までに分野長に提出する。
2.研究の遂行(1年次4月~2年次12月(予定))
  1. 学生は、研究計画に従って研究を遂行する。研究方法の確立、予備実験、調査などを行った後、決定した研究方法にて研究課題に取り組み、データ収集・解析等を行い、研究結果をまとめる。
  2. 研究指導教員は、研究の進行を確認しつつ、実験・調査等の手技の指導やデータ解析の指導等を行い、研究結果をまとめさせる。必要に応じて、学生と協議のうえ研究計画の見直しを行う。
  3. 指導教員は、必要に応じて、学生と協議のうえ研究計画の見直しを行い、毎年度の初め、研究指導計画を学生と副指導教員に明示する。
  4. 副研究指導教員は、研究の進捗状況について随時確認し、研究の進捗状況に応じた指導を行う。
3.研究経過の中間報告(1年次7月~2年次12月の間に複数回開催)

研究指導教員は、学生の研究経過中間報告会を開催し、研究全体の構成の確認および進捗状況の確認を実施する。

4.修士論文の作成(2年次12月~2月中旬)
  1. 学生は、研究成果をもとに修士論文の作成を行い、研究指導教員のもとで修士論文をまとめる。
  2. 研究指導教員(必要に応じて副研究指導教員を含む)は、修士論文の構成や図表の作成、文献の整理・引用等、論文のまとめ方を指導する。
5.修士論文の提出(2年次2月)

学生は、修士論文を2月の指定された期日までに提出する。

6.修士論文内容の報告(2年次2月)
  1. 学生は、化学バイオ工学分野主催の修士論文発表会において修士論文内容を報告する。
  2. 研究指導教員(必要に応じて副研究指導教員を含む)は、発表スライドの作成、プレゼンテーションの方法を指導する。
7.学位論文審査委員(主査、副査)を決定し、修士論文、要旨、および修士論文発表会の内容を審査し、工学研究科教授会(運営委員会)で審議する。
8.研究指導報告書の作成(2年次3月)

研究指導教員は、研究指導報告書を作成し、期日までに分野長に提出する。

博士後期課程

研究指導教員の役割

  1. 研究指導教員は、学生の希望する研究課題、指導教員の専門分野、指導環境などを考慮して研究課題を決定し、主として研究指導を行う教員である。
  2. 研究指導教員は、研究指導に加え、学生の教育・研究に必要となる授業科目について、シラバスと履修モデルを参考にして個々の学生の指導を行う。
  3. 研究指導教員は、学生の希望に基づき学生ごとに1名以上を決定する。

研究指導教員の決定プロセス

化学バイオ工学分野における大学院博士後期課程入学者の研究指導教員の決定のプロセスは以下のとおりである。

  1. 志願者は、募集要項の担当教員表等をもとに、事前に希望する教員への研究室訪問や面談を行い、出願書類の入学願書に「指導を希望する教員名」、志望理由書に「入学後の研究希望内容」を記載する。
  2. 入試時の面談及び出願書類の入学願書に記載の「指導を希望する教員名」および志望理由書に記載の「入学後の研究希望内容」をもとに、化学バイオ工学分野教授会において研究指導教員を決定する。
  3. 通常、入学までに研究指導教員を決定し、分野長より本人に連絡する。
  4. なお、研究の進捗等に応じて、研究指導教員を変更することがある。

副研究指導教員制度

  1. 副研究指導教員は、研究指導教員と協力して学生の研究指導を補助的に行う教員である。
  2. 副研究指導教員は、上記に加え、研究指導教員の指導について、学生から相談を受けたり、学生にアドバイスを行う。
  3. 副研究指導教員は、学生の同意を得た上で、研究指導教員が1名以上を決定する。

研究指導計画

本分野における研究指導計画は、以下の1~7のとおりである。指導教員は学生の研究指導を行うにあたり、この研究指導計画を明示し、毎年度の初めに、学生の1年間の研究計画についての打合せを学生と十分に行った上で、以下に沿って、研究指導を行うものとする。学生の研究指導計画の詳細は、学生の研究計画を確認した上で作成し、明示する。

1.研究計画の立案(1年次4月~5月(予定))
  1. 学生は、決定した研究課題に関して先行研究の整理、仮説の設定を行い、指導教員とともに研究計画を立案する。
  2. 研究指導教員は、学生が研究計画を立案するに当たって、研究の方向性を指導する。
  3. 指導教員は、学生が記入し提出した研究指導計画書の研究計画に基づき、課程修了までの研究指導計画を1年ごとに記載し、学生と副指導教員に明示した後、6月末までに分野長に提出する。
2.研究の遂行(1年次4月~3年次9月(予定))
  1. 学生は、研究計画に従って研究を遂行する。研究方法の確立、予備実験、調査などを行った後、決定した研究方法にて研究課題に取り組み、データ収集・解析等を行い、研究成果をまとめる。学術論文を執筆し、学術雑誌に投稿する。
  2. 研究指導教員は、研究の進行を確認しつつ、実験・調査等の手技の指導やデータ解析の指導等を行い、研究結果をまとめさせる。
  3. 指導教員は、必要に応じて、研究指導計画の見直しを行い、毎年度の初め、研究指導計画を学生と副指導教員に明示する。
  4. 副研究指導教員は、研究の進捗状況について随時確認し、研究の進捗状況に応じた指導を行う。
3.研究経過の中間報告(1年次7月~3年次9月の間に複数回開催)

研究指導教員は、学生の研究経過中間報告会を開催し、研究全体の構成の確認および進捗状況の確認を実施する。

4.博士論文の作成(3年次10月~12月(予定))
  1. 学生は、これまでの研究成果をもとに博士論文の作成を開始し、研究指導教員のもとで博士論文をまとめる。
  2. 研究指導教員(必要に応じて副研究指導教員を含む)は、博士論文の構成や図表の作成、文献の整理・引用等、論文のまとめ方を指導する。
  3. 学生は、予備審査で、主査予定教員と副査予定教員から博士論文内容の評価を受け、指摘事項を修正する。
5.博士論文の提出(3年次1月)

学生は、1月の指定した期日までに博士論文を提出する。

6.博士論文内容の報告(3年次1月~2月)

学生は、工学研究科教授会(運営委員会)で設置された学位論文審査委員会の主査教員と副査教員が出席する公聴会において博士論文内容を報告する。

7.研究指導報告書の提出(3年次3月)

研究指導教員は、研究指導報告書を作成し、副研究指導教員が確認の後、期日までに分野長に提出する。

在学生の声

点の知識が線でつながる喜び。知的好奇心が旺盛な人には最適な学びの舞台です。

大阪公立大学 大学院 工学研究科 物質化学生命系専攻 化学バイオ工学分野 博士後期課程 1年生 磯辺 茉実 さん
京都府・同志社高校 出身

光を当てると化学構造が変化する分子で結晶ナノワイヤーを作製し、光の当て方を変えることで新たな動きを示すかを実験しています。研究室では、週間報告会や勉強会など、優秀な先輩方や先生と対等に意見を交わす機会もあります。その際には、研究初心者ならではの自由な発想も重要だと歓迎され、議論の重要性や喜びを感じています。化学系と生物系、どちらの専門科目を受けられるのも化学バイオ工学科の魅力。様々な科目が関連しているとの先生方の言葉通り、点の知識が線でつながる実感を得ています。そんな研究の日々を支えてくれるのが、学術的な専門書が揃う学術情報総合センターで、最高の学習環境が整っています。海外の学会に参加することを目標に、研究者の道を懸命に歩みたいです。

磯辺 茉実さん

 

卒業生の声

化学とバイオの両分野を広く深く学び、新薬創出の世界へ。

大阪市立大学 大学院 工学研究科 化学生物系専攻 前期博士課程 修了 中立 裕介 さん
大阪府・四条畷高校(現・四條畷高校) 出身
勤務先 大鵬薬品工業株式会社

がん領域における新薬の研究開発に従事しています。近年のがんゲノム研究の進展に伴い、がんの病態解明及び分子メカニズムに基づいた薬剤開発が盛んに行われるようになりました。これにより、従来の画一的な治療から、個々の患者さんの病態に応じた個別化医療へと大きく変わりつつあります。このような流れの中で、私は開発化合物の有効性を予測するバイオマーカー研究や、臨床試験でのバイオマーカー評価、診断薬開発など幅広い業務を通して、新薬の創出に携わっています。大学時代、化学バイオ工学科で広く深く学んだ化学とバイオ両方の知識・経験は、製薬会社での今の私の仕事の大きな糧となりました。医薬品開発では失敗の数だけ時間がかかってしまいますが、バイオマーカー研究によって成功確率を高めることで、より迅速な薬剤開発が可能となります。がんをはじめ様々な病気と闘う人とその家族の方々にとって勇気と希望となる医薬品の開発をめざしています。

中立 裕介さん

 

主な就職先

アドバンテック/宇部興産/大関/カネカ/関西電力/神戸製鋼所/サカタインクス/サラヤ/住友化学/大王製紙/ダイセル/ダイハツ工業/タキロンシーアイ/東洋アルミニウム/日東電工/日本ゼオン/パナソニック/日立ハイテク/富士ゼロックスマニュファクチュアリング/不二製油/プランテック/プリマハム/古河電気工業/松本油脂製薬/マンダム/三菱マテリアル/ミヨシ油脂 ほか

ポリシー

アドミッション・ポリシー

博士前期課程

物質化学生命系専攻では、人と社会と自然に対する広い視野と深い知識を持ち、豊かな人間性、高い倫理観、高度の専門能力を兼ね備え、応用化学、化学工学、マテリアル工学、化学バイオ工学の4分野のうち何れかの分野における重要な課題を主体的に認識して問題の解決に努め、社会の発展、福祉の向上、および文化の創造に貢献できる技術者、研究者を育成することを理念とし、物質科学・化学・生命科学に関する教育研究を行う。

  1. 物質科学・化学・生命科学に関する技術者、研究者として社会に貢献しようとする意欲を持った者
  2. 物質科学・化学・生命科学に関する技術が人・社会・自然に及ぼす影響について、深く考えようとする姿勢と強い責任感を持った者
  3. 科学技術の著しい進歩に対して、主体的、積極的に新しい分野を切り拓こうとする姿勢と熱意を持った者
  4. 高い基礎学力と豊かな専門分野の基礎知識を持ち、自ら未知の問題解決のために立ち向かおうとする意欲のある者
  5. 異なる文化を理解し、多彩で国際的なコミュニケーションを図ろうとする意欲を持った者

 

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  1. 大学における理系の基礎的な科目および各専門分野の科目を幅広く学び、基礎学力および各専門分野の基本的な知識を身に付けていること
  2. 物質科学・化学・生命科学に関する専門分野における英文を読んで理解し、書いて表現するための基本的な能力を身に付けていること
  3. 物質科学・化学・生命科学に関する課題を見つけ、解決しようとする基本的な能力を身に付けていること

 

博士後期課程

物質化学生命系専攻では、人と社会と自然に対する広い視野と深い知識を持ち、豊かな人間性、高い倫理観、高度の専門能力を兼ね備え、応用化学、化学工学、マテリアル工学、化学バイオ工学の4分野のうち何れかの分野における重要な課題を主体的に認識して問題の解決に努め、社会の発展、福祉の向上、および文化の創造に貢献できる技術者、研究者を育成することを理念とし、物質科学・化学・生命科学に関する教育研究を行う。
このような理念のもと教育研究を行うにあたり、物質化学生命系専攻は次のような資質と能力、意欲を持った学生を求める。

  1. 物質科学・化学・生命科学に関する専門性の高い技術者、自立した研究者として社会に貢献しようとする意欲を持った者
  2. 科学技術が人・社会・自然に及ぼす影響について深く考えながら、物質科学・化学・生命科学に関する研究に取組む姿勢と強い責任感を持った者
  3. 科学技術の著しい進歩に対して、主体的、積極的に物質科学・化学・生命科学に関する新しい分野を切り拓こうとする姿勢と熱意を持った者
  4. 物質科学・化学・生命科学に関する深い専門知識と周辺分野の幅広い知識を持ち、問題の分析・総合・評価を行い、知識を体系化しようとする意欲のある者
  5. 国際的にも、研究成果を発信し、研究活動を行おうとする意欲を持った者

 

以上に基づき、次の1~5の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  1. 大学および大学院博士前期課程における理系の基礎的な科目および物質科学・化学・生命科学に関する工学分野の科目を幅広くかつ深く学び、高い基礎学力および物質科学・化学・生命科学に関する豊かな知識を身に付けていること
  2. 物質科学・化学・生命科学に関する英文を読んで正確に理解するとともに、自らの研究成果を英文で論理的に表現し、発表するための能力を身に付けていること
  3. 物質科学・化学・生命科学に関する諸課題を見つけ、それらを体系的に整理するとともに、合理的に解決しようとする高度な能力を身に付けていること

 

ディプロマ・ポリシー

博士前期課程

物質化学生命系専攻化学バイオ工学分野では、工学研究科のディプロマ・ポリシー及び本分野の人材養成の方針のもと、以下の項目を学位授与のために身に付けるべき能力とし、これらの能力を修得した者に修士(工学)の学位を授与する。

  1. 化学・生命科学に関する専門知識を広く学び、その知識をもとに技術者として研究課題の解決方法を明確に提案することができる。
  2. 化学バイオ工学分野およびその周辺分野に関する専門知識や技術を広く学び、研究課題の問題解決に利用することができる。
  3. 技術者として専門および周辺分野に関する調査や評価能力を身につけ、日本語および英語の論理的な記述・議論・プレゼンテーションなどの国際的コミュニケーションができる。
  4. 化学バイオ工学分野の研究課題に対して、新しい技術や実験方法を開発し、実験結果の解析を行うことができる。また、その成果を論文にまとめ、発表することができる。
  5. 化学および生命科学が社会および自然に及ぼす影響を認識し、技術者が社会に対して負っている責任を自覚し、高い倫理観に基づいた判断力を有し、課題研究の公正な推進を行うことができる。

 

博士後期課程

物質化学生命系専攻化学バイオ工学分野では、工学研究科のディプロマ・ポリシー及び本分野の人材養成の方針のもと、以下の項目を学位授与のために身に付けるべき能力とし、これらの能力を修得した者に博士(工学)の学位を授与する。

  1. 化学・生命科学に関する高度な専門知識を深く学び、その知識をもとに技術者・研究者として社会の様々な問題の解決方法を明確に提案することができる。
  2. 化学バイオ工学分野およびその周辺分野に関する専門知識や技術を広く深く学び、社会の様々な問題の解決に利用することができる。
  3. 技術者・研究者として専門および周辺分野に関する調査や評価能力を身につけ、日本語および英語の論理的な記述・議論・プレゼンテーションなどの国際的コミュニケーションができる。
  4. 化学バイオ工学分野の研究課題に対して、自立して新しい技術や実験方法を開発し、実験結果の解析を行うことができる。自ら遂行した研究の成果を論文にまとめ、国内外の学会・研究会で発表・討論できる。
  5. 科学技術が社会および自然に及ぼす影響を認識し、技術者・研究者が社会に対して負っている責任を自覚し、高い倫理観に基づいた判断力を有し、課題研究の公正な推進を行うことができる。

 

カリキュラム・ポリシー

博士前期課程

物質化学生命系専攻化学バイオ工学分野のディプロマ・ポリシーを踏まえ、以下のカリキュラムを編成する。

  1. 物質の機能を原子・分子の集合体として学ぶために「機器分析学特論、無機エネルギー材料特論、固体電気化学特論、高分子物性特論、高分子材料合成特論」を、分子の機能を化学・生物科学の視点から学ぶために「レーザー化学・分離工学特論、超分子化学特論、光有機材料化学特論、分子変換化学特論、機能分子工学特論、先端材料設計学特論」を、生物やその機能の工学的利用を学ぶために「細胞利用工学特論、遺伝子工学・蛋白質工学特論、創薬生命工学特論、酵素工学特論」を提供する。
  2. 化学バイオ工学分野およびその周辺分野に関する高度な専門知識・技術を広く学ぶため、専任教員外の講師による「化学バイオ工学特論1、化学バイオ工学特論2」を提供する。
  3. 技術者として必要な日本語能力および英語能力を身につけ、専門および周辺分野に関する調査・分析・評価・議論・プレゼンテーションの各能力を修得するために、1年次に「物質化学生命系特別演習第1、物質化学生命系特別演習第2」を提供する。
  4. 2年次に「物質化学生命系特別研究第1、物質化学生命系特別研究第2」を配当し、化学バイオ工学分野の研究課題についての研究能力と問題解決能力を修得するため、専門的な研究課題に対し、指導教員による研究指導のもとで新しい技術や実験方法の開発および実験結果の解析を行い、修士論文を作成する。
  5. 化学および生命科学が社会および自然に及ぼす影響を認識し、技術者が社会に対して負っている責任を自覚し、高い倫理観に基づいた判断力を有し、課題研究の公正な推進を行うことができるように「研究公正A」を提供する。

 

博士後期課程

物質化学生命系専攻化学バイオ工学分野のディプロマ・ポリシーを踏まえ、以下のカリキュラムを編成する。

  1. 化学バイオ工学分野に関連する専門及び周辺分野に関する調査、討論、理論構築、実験等を通じて、幅広い専門知識を習得させるとともに、課題の抽出・分析・総合・評価能力を培わせ、さらに技術者・研究者として必要な優れた日本語能力および英語能力を身につけ、専門および周辺分野に関する調査・分析・評価・議論・プレゼンテーションの各能力や指導能力を習得するために「物質化学生命系特別演習」を提供する。
  2. 企業経営者等による講義など社会で活躍する研究リーダーに求められる能力や素養を身につけるために、大学院共通教育科目を提供する。
  3. 「物質化学生命系特別研究」を提供し、化学バイオ工学に関連する専門及び周辺分野に関する調査、討論、理論構築、実験等を通じて、幅広い専門知識を習得させるとともに、課題の抽出・分析・総合・評価能力を培わせる。それらを通して、研究課題に対し、自ら新しい技術や実験方法の開発および実験結果の解析を行い、博士論文を作成し、自立した研究者となるために必要な研究計画能力と問題解決能力を身につける。
  4. 科学技術が社会および自然に及ぼす影響を認識し、技術者が社会に対して負っている責任を自覚し、高い倫理観に基づいた判断力を有し、課題研究の公正な推進を行うことができるように「研究公正B」を提供する。

 

各科目の学修成果は、定期試験、中間試験、レポート、発表等の平常点等で評価することとし、その評価方法の詳細については、授業内容の詳細とあわせてシラバスに記載する。