シラバス・履修案内

シラバス

Webシラバスを公開しています。(医学部医学科・医学研究科を除く)

対象者

在学生の方は、学生ポータルUNIPA へログインして閲覧してください。

学生ポータル(UNIPA)

学外の方

学外の方は、下記からシラバスの閲覧ができます。

シラバス照会

※毎日AM1:00~AM6:00はメンテナンスのため停止しています。

下記の学部・研究科につきましては、それぞれのリンク先にてシラバスを閲覧ください。

医学部医学科医学研究科

履修登録について

科目を履修するためには、決められた期間内に履修登録を行わなければなりません。所属する学部・学域・研究科の要覧等をよく読み、履修登録の手引と授業時間割表を十分に確認したうえで、履修登録を行ってください。履修登録に係る手続には期間が決まっています。期間後の受付はできませんので、必ず期間内に手続を行ってください。

履修登録の手引

履修登録の手引は学生Naviに掲載されています。

2022年度履修登録の手引(学部・学域生用)

2022年度履修登録の手引(大学院生用)

成績について

履修科目の成績は、シラバスで科目ごとに示されている方法で各授業担当教員によって評価され、合格した科目に単位が与えられます。成績は学生ポータル( UNIPA )で確認することができます(定められた期間を除く)。

成績評価とGPA 制度

履修科目の成績は、下表の基準にもとづき評価され、発表は評語により行います。履修登録した各科目の成績にGP(Grade Point) を割り当てて、その平均を取ったものを GPA( Grade Point Average )といいます。学修の達成度を客観的に評価するための指標として学期ごとに算出され、ただ卒業するために必要な単位を修得するのではなく、学生が主体的にかつ充実した学習効果をあげることを目的としています。 GPA は学期ごとに、以下の数式により算出されます。

GPA=

(当該期で得た科目のGP 値
× その科目の単位数)の合計


※当該期に履修登録した総単位数

※GPA対象科目のみ

評価 基準 100点方式による素点等 GP
AA 授業目標を大きく上回って達成できている 100点以下 90 点以上 4
A 授業目標を上回って達成できている 90点未満 80 点以上 3
B 授業目標を達成できている 80点未満 70 点以上 2
C 最低限の授業目標を達成できている 70点未満 60 点以上 1
F 最低限の授業目標を達成できていない 60点未満または成績評価基準にもとづく評価をしない科目で不合格となった科目 0
T(取消) 試験等での不正行為 0
N(認定) 単位認定された科目 対象外
P(合格) 成績評価基準にもとづく評価をしない科目で合格となった科目 対象外

 

GPAの対象となる科目は、原則として履修登録した全ての科目です。ただし、卒業の所要単位に算入されない科目(資格科目等の自由科目)、「上表の単位認定された科目、成績評価基準にもとづく評価をしない科目で合格となった科目」は GPA から除かれます。また、成績証明書には、発行した時点での通算 GPA が記載されます。通算GPA は、以下の数式により算出されます。

通算GPA=

(各学期で得た科目のGP 値
× その単位数)の合計


※各学期で履修登録した総単位数の合計

※GPA対象科目のみ

成績評価についての異議申立

学生は、その学期の成績評価について、次の様な場合に異議を申し立てることができます。

  1. 成績の誤記入等、担当教員の誤りであると思われるもの。
  2. シラバス等により周知している成績評価の方法に照らして、評価結果等について疑義があるもの。

異議申立を行う場合は、学生ポータル(UNIPA )に掲載する申立期間内に科目開設学部等へ申し出てください。

異議申立方法等

  1. 異議を申し立てようとする学生は、成績評価についての異議申立書(第1 号様式)を科目開設学部等に提出 してください。担当教員への直接の異議申立は認められません。
  2. 申立期限は学生ポータル(UNIPA )の掲載を確認してください。
  3. 異議申立に対する回答は、担当教員が回答書(第2 号様式)を作成し、学部長等が確認の上、科目開設学部で、回答書によりなされます。いずれの場合も、異議申立があった日より起算して原則7 日間(土曜・日曜・祝日を除く) 以内に回答されます。
  4. 異議申立への回答に対しての再異議申立は認めません。

 

他大学との単位互換

本学では、他大学との協定に基づき、次の表のとおり単位互換制度を実施しています。単位互換制度により、協定先大学で科目を履修し、修得した単位は、本学学則等の規定に基づき、本学で修得したものとして単位認定されます。年度ごとの募集の詳細については、学生ポータル(UNIPA )に掲載します。

学生ポータル(UNIPA)

他の大学における授業科目の履修(学部・学域生)

単位互換提携大学 出願票提出期間、提出先 履修できる科目、曜コマ、
科目概要、教室等
受講料
大学コンソーシアム大阪加盟大学
大学コンソーシアム大阪 単位互換制度
大学コンソーシアム大阪が指定した期間にコンソーシアムのシステムにWeb入力してください。 3月中旬頃から各コンソーシアムの Web サイト上で閲覧できます。 無料

 

出願要件等

  • ・申込期限が過ぎた科目については、受講できません。
  • ・できる限り1 回目の授業から受講してください。
  • ・定期健康診断を受診してください。また、学生教育研究災害傷害保険・学研災付帯賠償責任保険等に加入しておいてください。
  • ・単位互換科目の授業・試験等は、当該科目提供大学の実施方法に準じます。
  • ・定期試験等は、授業担当教員等に確認してください。

 

他の大学における授業科目の履修(大学院生)

単位互換提携大学
(データ関連人材育成関西地区コンソーシアム)
出願票提出期間、提出先 履修できる科目、曜コマ、
科目概要、教室等
受講料
大阪大学、神戸大学、和歌山大学、滋賀大学 各大学が指定した期間に下記アドレスまでご連絡ください。 学生ポータル( UNIPA )に掲載されます。 無料
奈良先端科学技術大学院大学 中百舌鳥キャンパス:数理・データ科学教育研究センター事務局
Eメール mds_office[at]ml.osakafu-u.ac.jp
[at]の部分を@と差し替えてください。
杉本キャンパス:基幹教育担当 Eメール kyousui-kyoutuu[at]list.osaka-cu.ac.jp
[at]の部分を@と差し替えてください。

 

出願要件等

  • ・指導教員に事前に相談をしてから、履修願を提出してください。
  • ・単位互換制度により、連携先大学で科目を履修し修得した単位は、本学学則等の規定に基づき本学で修得したものとして単位認定される場合があります。
  • ・申込期限が過ぎた科目については、受講できません。
  • ・単位互換科目の授業・試験等は、当該科目提供大学の実施方法に準じます。
  • ・定期試験等は、授業担当教員等に確認してください。

 

科目ナンバリング

科目ナンバリングとは

科目ナンバリングとは、「授業科目に適切な番号を付し分類することで学修の段階や順序等を表し、教育課程の体系性を明示する仕組み」(文部科学省)のことを指します。科目の属性(レベル、開設部局、学問分野)に応じて、大阪公立大学の各科目に対応して一つのナンバーがつくことになります。

導入の目的・必要性

科目ナンバリングは、その科目の学問分野、レベル、形態、位置づけ、順序性等を示すものです。学士課程・大学院課程全体の中での学習の段階や順序を整理し、教育課程をより体系的に理解するための 1 つのツールとして、履修科目を選択する際などに利用することが期待されます。

また、科目ナンバリングを導入することにより、各大学内での提供科目の体系を理解しやすくするのみならず、国内他大学の科目との比較や、外国の大学における科目との比較が行いやすくなり、単位互換等の検討が行いやすくなることが期待されます。

体系・コード一覧

体系・コード一覧