チューター

外国人留学生チューターについて

制度の概要

留学生にとって日本人学生と同じように学習することは大変なことです。
外国人留学生チューター制度は、先輩学生(チューター)が、留学生に対して日本語能力の向上を含む学習・研究・生活などの個別支援や助言をおこなう制度です。

1.対象

チューターによる個別支援等を受けることが出来るものは、科目等履修生を除く留学生です。新入生には指導教員等を通じて希望を確認します。

2.支援を受けることができる期間

  1. 学域・学部生、大学院生は、入学後修業年限以内の2半期(上限1年間)
  2. 研究生・交換留学生は、入学後最初の2半期(上限1年間)

 

3.支援の内容

留学生は以下のような様々なサポートを受けることができます。

生活面でのサポート例

  • 市区役所での手続き(住所の届出、国民健康保険、国民年金への加入)
  • 銀行口座開設
  • 携帯電話やインターネットの契約
  • 病院への付き添い

 

大学でのサポート例

  • 大学施設や研究室の紹介(各窓口、図書館、健康管理センターなど)
  • 学生ポータルサイト、大学メールの使用方法
  • 科目履修登録の手伝い
  • 授業内容に関する助言
  • レポートの日本語添削指導
  • 自転車の登録

 

(お問い合わせ) 

学生課
 杉本キャンパス   
  TEL: 06-6605-3608
 中百舌鳥キャンパス
  TEL: 072-254-6243
  Email(共通): gr-gks-intlstu[at]omu.ac.jp [at]の部分を@に変えてください。