イベント情報

【夜間特別開園】のお知らせ ~夜咲き熱帯スイレン観察会を開催!~

  • 受付中
  • イベント

2022年9月2日、2022年9月3日

附属植物園

大阪公立大学附属植物園は、202292日(金)・3日(土)の2日間「夜間特別開園」を実施します。また、初日2日(金)には「夜咲き熱帯スイレンの観察会」を開催します。

イベント内容
通常は閉園している17時から開園し、20時30分まで観察いただけます。夜咲き熱帯スイレンの花は、夜19時頃から咲き始め、翌朝9時頃に閉じ、これを2日間繰り返します。夜間に色鮮やかな花を咲かせ、強い芳香を出すことで夜行性昆虫を誘引し、花粉を送粉してもらうのが特徴です。

【注意事項】
①20時30分に閉園します、最終入園時刻は20時00分です。
②中学生以下は入園無料ですが必ず保護者が同伴してください。保護者の方は入園料が必要です。
③薄暗がりで開花を観察しますので、小型懐中電灯をご持参ください。
④写真撮影は自由です。
⑤夜間開園時は安全確保のため、お車での来園はお断りしております。
⑥通常開園時間から連続での滞在はできません。通常開園時間から入園されている場合、夜間開園のための準備の間16時30分に一度退園いただき、17時に再入園いただきます。(再入園は無料です)
⑦新型コロナ感染症対策として、参加にあたってお名前と連絡先電話番号を提出いただきます。
⑧参加の際は、マスクの着用とソーシャルディスタンスの確保のご協力をお願いします。

◆夜咲き熱帯スイレン観察会◆
9月2日(金)は18時から30分間、当園のスタッフや本学理学研究科准教授 厚井聡が、夜咲き熱帯スイレンの開花の仕組みを解説します。また、夜咲き熱帯スイレンの仲間であるパラグアイオニバスも観察します。葉の裏側や内部構造、さらには花の断面を観察し、巨大な葉が水面に浮く仕組みや、昆虫を巧みに利用した送粉様式について説明します。

開催場所詳細
大阪公立大学附属植物園
 〒576-0004 大阪府交野市私市2000
定員
「夜咲き熱帯スイレン観察会」のみ20名(先着順)
参加費
無料
※ただし入園料350円は必要(中学生以下は無料)
申込方法
「夜咲き熱帯スイレン観察会」参加希望の方は、当日17時から植物園事務所入園窓口にて参加整理券を配付いたします(先着20名)。窓口にてお申し付けください。
お問い合わせ先
大阪公立大学附属植物園
 TEL:072-891-2059
 Email:gr-bg-info[at]omu.ac.jp ([at]を@に変更してください。)

該当するSDGs

  • SDGs04