お知らせ

法科大学院が司法試験合格祝賀会を開催

2022年9月20日

  • 法学研究科
  • 教育

2022年9月16日(金)、杉本キャンパス高原記念館において、令和4年司法試験合格祝賀会が開催されました。大阪市立大学法科大学院修了生から15名が合格しました。
法曹養成専攻長である杉本 好央教授からの祝辞に続き、合格者への記念品贈呈、合格者全員からのあいさつが行われました。あいさつでは、指導していただいた先生や先輩弁護士、一緒に勉強してきた友人たちへの感謝や、これからの法曹としての抱負が力強く述べられました。
その後、大阪市立大学出身の弁護士であり有恒法曹会幹事長の中川 元弁護士、本学特任教授の山本 健司弁護士からも祝辞が述べられ、大阪市立大学の伝統を引き継ぎ大阪公立大学法科大学院として更に発展していこうとのお話がありました。

大阪市立大学法学部を早期卒業して法科大学院に進学し、今年修了した冨澤 吉伸さんは、初めて受験した今回の司法試験で合格されました。大学入学から5年あまりで法曹資格を取得されたことになります。冨澤さんは、いじめなどのない秩序ある社会にしたいという気持ちから法曹になろうと思ったそうです。法科大学院に入学したころは、弁護士になって困っている人の役に立ちたいと思っていたそうですが、勉強をしていく中で、個人を助けるだけでなく社会全体をよくしたいという気持ちが強くなり、今は検事を目指しているとのことでした。
祝賀会には教員や大阪市立大学法科大学院を修了した弁護士も多数参加し、後半はざっくばらんな懇親会となりあちこちで会話が盛り上がりました。

news_220920-1

杉本 好央専攻長の祝辞

news_220920-3

冨澤 吉伸さんあいさつ

news_220920-2

記念品贈呈

news_220920-4

懇談の様子

問い合わせ

事務局企画部広報課

TEL: 06-6605-3411 / MAIL: koho-list[at]ml.omu.ac.jp ([at]を@に変更してください)

該当するSDGs

  • SDGs04