最新の研究成果

量子センサ型バイオ分析チップデバイスの開発に成功

2022年5月12日

  • プレスリリース

<発表のポイント>

◇高い設計精度でナノダイヤモンド量子センサの信号を検出可能なガラスチップデバイスを開発しました。

◇細胞や組織・線虫など様々な生体試料がデバイス内で分析可能になりました。

◇流路チップ・臓器チップなど様々なバイオ分析デバイスへの応用が期待されます。

press_220512

岡山大学学術研究院自然科学学域の藤原 正澄研究教授、ゾウ ヤジュアン助教、同大学院自然科学研究科の押味佳裕大学院生らのグループは、大阪公立大学の手木芳男客員教授、松原勤准教授、吉里勝利特任教授、中台枝里子教授、仕幸英治教授、量子科学技術研究開発機構(量研)の西村勇姿博士研究員、量研/名古屋大学の湯川博プロジェクトディレクター/特任教授、馬場嘉信所長/教授、京都大学の小松直樹教授、新潟大学の井筒ゆみ教授らのグループと共同で、ナノダイヤモンド量子センサの利用に適したバイオ分析チップデバイスを開発し、細胞や組織切片・線虫など様々な生体試料において、量子センサ信号を設計通りに再現性良く検出することに成功しました。

本研究成果は、2022年5月1日、「Lab on a Chip」にオンライン先行版が掲載されました。

ナノダイヤモンド量子センサは近年最も注目されている超高感度バイオセンシング技術の一つです。本研究によって、量子センサを利用したバイオ分析チップデバイスの仕様を確実に設計・予測した上でデバイスを作製することが可能となりました。マルチウェルプレートや流路チップ・臓器チップなどのチップデバイスで量子センサが利用可能となると期待されます。

<論文情報>

論文名 Glass-patternable notch-shaped microwave architecture for on-chip spin detection in biological samples
邦題名「生体試料のチップ上スピン測定に向けたガラス転写可能なノッチ型マイクロ波設計」
掲載紙 Lab on a Chip
著者 Keisuke Oshimi, Yushi Nishimura, Tsutomu Matsubara, Masuaki Tanaka, Eiji Shikoh, Li Zhao, Yajuan Zou, Naoki Komatsu , Yuka Takezawa, Eriko Kage-Nakadai, Yumi Izutsu, Katsutoshi Yoshizato, Saho Morita, Masato Tokunaga, Hiroshi Yukawa, Yoshinobu Baba, Yoshio Teki and Masazumi Fujiwara
DOI 10.1039/D2LC00112H
URL https://pubs.rsc.org/en/content/articlepdf/2022/LC/D2LC00112H?page=search

<研究資金>

〇文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム」(JPMXP09F21OS0055)

〇独立行政法人日本学術振興会「科学研究費助成事業」
  基盤A・20H00335,研究代表:藤原正澄
  国際共同研究強化(A)・20KK0317,研究代表:藤原正澄
  挑戦的研究(萌芽)・19K21935,研究代表:藤原正澄

〇国立研究開発法人日本医療研究開発機構ムーンショット型研究開発事業
 (JP21zf0127004,研究代表:村上正晃(北海道大学)

〇国立研究開発法人科学技術振興機構未来社会創造事業「共通基盤」領域 本格研究
 (JPMJMI21G1,研究代表:飯田琢也(大阪公立大学)

〇文部科学省「卓越研究員事業」(大阪市立大学,研究代表:藤原正澄)

〇公益財団法人マツダ財団「マツダ研究助成」(研究代表:藤原正澄)

〇大阪市立大学「戦略的研究・重点研究および若手研究」(研究代表:藤原正澄)

〇文部科学省「光・量子飛躍フラッグシッププログラム」(JPMXS0120330644、研究代表:馬場嘉信)



プレスリリース全文 (750.9KB)