教育の特徴

学びの特徴

高度先進医療の推進や大阪の健康長寿社会を支えるヘルスケアサポート人材の養成、保健・医療・福祉における革新的な研究の発信をめざします。
1.人々の健康とQOL を守り、 2.保健医療福祉に寄与することをめざし、 3.科学的、創造性、学際的視点に基づく研究力を培い、 4.高度な専門知識と技術に基づく自律的、創造的な実践力を備えた人材を養成します。

看護学専攻 入学定員

先進ケア科学領域/実践看護科学領域

博士前期課程 博士後期課程
50名 10名

※定員は予定

 

養成する人材

博士前期課程

人間の存在と生命の尊厳を深く理解し、広い視野に立ち、精深なる学識を深め、高い倫理観を持った変革者、リーダーとしての実践的能力、研究的能力を有する人材を養成します。

博士後期課程

豊かな学識を有し、看護学分野において学術的研究を推進し、その深奥を究め、高い倫理観を持ち自立して研究活動を行い、看護学の知の創造に貢献できる能力を有する人材を養成します。

 

看護学研究科の特色

博士前期課程

研究者としての基盤を学修する修士論文コースと高度実践看護者(専門看護師)、看護管理実践者、看護教育者などの卓越した能力を学修する実践看護研究コースを設定することによって、研究者と高度実践者を養成します。また、博士前期課程の修士論文コースにおいて、2023年度入学生からは高度な実践力、研究力を有する助産師養成課程を、2025年度からは保健師養成課程を開設予定です。

博士後期課程

看護に関する研究を科学的な視点から自立して推進し、研究成果を社会実装化することを視野に入れ、看護科学を学際的に創出し、グローバルに発信できる能力を養うための教育を行います。

 

学位、標準修業年限、取得可能資格

学位

博士前期課程 博士後期課程
修士(看護学) 博士(看護学)

 

標準修業年限

博士前期課程:2年
博士後期課程:3年

取得可能な免許・資格・受験資格(予定)

  • 専門看護師認定審査受審資格
  • 助産師国家試験受験資格(2023年度入学生以降)
  • 保健師国家試験受験資格(2025年度入学生以降)