専攻紹介

カリキュラムの特徴

博士前期課程

1. 修士論文コース

保健医療福祉や看護を含むケアの課題を科学的視点および学際的視点で追求し、エビデンスの構築、実装化を志向し、研究成果を発信できる人材を養成するための科目を配置します。

先進ケア科学領域

先進ケア科学領域は、ケアシステム科学分野、生体行動ケア科学分野の2分野を配置し、それぞれ以下の学修ができます。

ケアシステム科学分野 ヒューマンケア科学、療養ケア科学、子ども・家族ケア科学、地域包括ケア科学、
ヘルスプロモーションケア科学
生体行動ケア科学分野 がん包括ケア科学、高齢者生活行動ケア科学、ウィメンズヘルスケア科学、精神行動ケ
ア科学、健康支援基礎科学
実践看護科学領域

実践看護科学領域は、基礎看護科学分野、家族看護科学分野、生活支援看護科学分野、療養支援看護科学分野の4分野を配置し、それぞれ以下の学修ができます。

基礎看護科学分野 看護技術学、看護情報学、看護管理学、看護教育学
家族支援看護科学分野 母性看護・助産学、家族看護学、小児看護学
生活支援看護科学分野 地域看護学、精神看護学、老年看護学、在宅看護学
療養支援看護科学分野 急性看護学、慢性看護学、がん看護学、感染看護学

2. 実践看護研究コース

実践看護科学領域では高度実践看護者、看護教育者、看護管理実践者を養成します。看護に関わる課題解決につながるエビデンスを構築し、実装化を志向できる研究ができ、高い倫理観を持ち、看護に関わる現象を分析し、チーム医療において社会を変革できる実践者を養成するために必要な科目を配置します。
高度実践看護者(専門看護師/Certified Nurse Specialist:CNS)の養成は、3分野において行い、9つの専門看護師分野における高度な知識を身に付け、実践力・変革力を修得できます。看護教育者、看護管理実践者の養成は基礎看護科学分野で行います。

基礎看護科学分野 看護教育者、看護管理実践者
生活支援看護科学分野 精神看護CNS、老人看護CNS、在宅看護CNS
家族看護科学分野 家族支援CNS、小児看護CNS
療養支援看護科学分野 急性・重症患者看護CNS、慢性疾患看護CNS、がん看護CNS、感染症看護CNS

 

助産師および保健師

博士前期課程の修士論文コースにおいて、2023年度入学生からは高度な実践力、研究力を有する助産師養成課程を、2025年度からは保健師課程を開設予定です。

博士後期課程

保健・医療・福祉における研究を科学的な視点から自立して推進し、グローバルに発信するとともに、看護におけるエビデンスを構築し、その社会実装をめざす人材を養成するために必要な科目を先進ケア科学領域、実践看護科学領域の2領域14分野に配置します。