看護技術学

基本情報

看護技術学

代表者 教授
土肥 美子
連絡先 TEL:072-950-2895
MAIL:l23926i[at]omu.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
概要 看護技術学分野では、看護問題の解決に用いられる看護技術の科学的根拠やそれに関連する理論について探求し、看護実践の場において提供される看護技術の実証的、開発的な研究を行っています。
これまでに産学官研究連携推進センターを介して企業との共同研究、受託研究なども実施し、開発されたケア物品の評価などにも取り組んでいます。
ホームページ

 

教育について

学部教育では、直接的なケアの基礎である看護技術を主に教授しています。看護技術を実施するには専門知識、技術、態度のどれも重要です。実習室での演習を通して、看護技術を実施する際にはこの3つをしっかりと修得できるように指導をしています。また、対象者の安全・安楽・自立を踏まえた看護技術の提供が求められるため、対象者の状況にあわせて看護技術が実施できることを目指しています。
博士前期課程では、日常生活援助技術や診療に伴う看護技術の目的、方法、評価に関してエビデンスならびに関連する理論について、文献のクリティーク、プレゼンテーション、ディスカッションなどを通して探求します。時には、実習室や実験室で看護技術を実施し、学内にある様々な生体機能測定機器を用いて評価することもあります。また、ティーチングアシスタントの体験を通して看護学教育について考える機会も作るようにしています。修士論文では、臨床疑問から研究課題を見つけ研究計画書を立案すること、データ収集ならびにその分析、論文執筆の過程の支援を行い、看護研究能力の育成に努めています。
博士後期課程では、修士論文の研究テーマを発展させ、文献検討から研究計画立案、実施、結果、考察までディスカッションを通して博士論文にふさわしいエビデンスレベルの論文を作成できるよう支援をしています。

研究について

主な研究内容

概要

研究テーマ名:看護技術の評価に関する研究

足浴、清拭などのケアが身体に及ぼす影響について身体的、心理的側面から明らかにし、看護技術の効果について検証しています。

概要

研究テーマ名:保健医療従事者の腰痛予防に関する研究

保健医療従事者を対象とした腰痛予防研修会などを企画し、現場での腰痛予防活動の推進を行う方法について検討しています。

主な研究業績

  1. 高齢者に対する沐浴剤清拭の皮膚保湿効果の検討,日本看護技術学会誌,2020年12月,大泉綾亮、杉本吉恵、中岡亜希子、伊藤良子、山口舞子
  2. Factors Related to Skin Moisturizing Functions in Adults: A Cross-Sectional Study,Aesthetic Medicine,2020年10月,Oizumi Ryosuke, Sugimoto Yoshie, Aibara Hiromi
  3. 保健医療従事者を対象とした腰痛予防推進リーダー研修会の活動と評価,大阪府立大学看護学雑誌,2020年03月,山口舞子,山地佳代,杉本吉恵

 

スタッフ

教授 土肥 美子
准教授 大泉 綾亮
講師 伊藤 良子
講師 山口 舞子