研究科長/専攻長挨拶

研究科長挨拶

大学院法学研究科長・法学部長 鶴田 滋

大学院法学研究科長・法学部長 鶴田 滋

 

大阪公立大学法科大学院は、2022年4月に大阪公立大学の開学とともに設置されました。大阪公立大学法科大学院は、2004年に設置され、小規模の法科大学院でありながら325名の司法試験合格者を輩出した、大阪市立大学法科大学院の伝統を引き継ぎ、大阪府立大学の教員を加えこの伝統をさらに発展させます。
大阪公立大学法科大学院は、大阪市立大学法科大学院の伝統を承継し、大都市であるがゆえに発生する様々な法的問題に即応できる高度な法的能力を備えた、真のプロフェッションとしての法曹の養成を目指します。本法科大学院の特色としては、具体的には次の3つが挙げられます。
第1に、1学年の定員を30名とする小規模の大学院であることから、教育についてのサポート体制が充実しています。必修科目の授業においても学生と教員がゼミのように気軽に議論や質問をすることができる環境にあります。正規の授業外においても、弁護士として活躍する大阪市立大学法科大学院の修了生が、アカデミック・アドバイザーとして、日頃の学習方法や法律書作成の技法などについて、学生に対して懇切丁寧に指導にあたります。
第2に、早期合格へのサポート体制も充実させます。大阪市立大学法学部および大阪公立大学法学部は「法曹養成プログラム」を設けており、このプログラムを優秀な成績で修了した学生は、3年で早期卒業をすることができ、かつ、大阪公立大学法科大学院へ特別選抜により進学することができます。これにより、大学入学から最短5年で法曹の資格を取得することができます。
第3に、修了までに必要な金銭的負担についてもサポートします。大阪公立大学では、法科大学院生に対しても、他の研究科の博士前期課程に入学する学生と同様に、授業料減免の措置がとられます。さらに、成績優秀者に対しては、奨励金制度を設けています。
以上のように、われわれは、志を高くもって法曹を目指そうとする皆さんを、最大限にサポートして参ります。経歴や年齢は問いません。皆さんの挑戦を心待ちにしています。

専攻長挨拶

大学院法学研究科法曹養成専攻長 杉本 好央

大学院法学研究科法曹養成専攻長 杉本 好央

 

大阪公立大学法科大学院は、「真のプロフェッションとしての法曹」の養成を目指して、2022年に誕生しました。国内屈指の研究水準にある研究者と豊かな実務経験に支えられた実務家からなる研究教育組織である大阪市立大学法科大学院からバトンを受け継ぎ、さらに前へと進んでいきます。
さて、本法科大学院が求める「プロフェッション」とは何でしょうか。プロフェッションの特徴の一つは、高度な専門知識と鍛錬を要する技能にあります。伝統的にプロフェッションの代表例とされる弁護士でいえば、法と裁判に関する知識や技能がこれにあたります。したがって、法科大学院では、この知識や技能の修得に向けた教育が、体系的な理論と豊かな実務経験を基礎にして行われます。
しかし、「真のプロフェッション」としての法曹となるには、単に法律に関する専門的な知識や技能を修得するのみでは、十分ではありません。専門的な知識と技能を用いた活動が自由や正義や人権といった公共的な価値の実現に向けられたもの、あるいは少なくともそれと矛盾しないものである必要があります。開かれた現代の市民社会において法曹に特権的な地位が与えられるのも、また厳しい自治自律が求められるのも、社会全体の利益のために奉仕することを自らの使命とするプロフェッションの特質と分かちがたく結びついています。それゆえ、本法科大学院では、法曹を目指す者に、人間という存在への深い関心、人の苦しみに共感しようとする姿勢、そして社会のために困難な仕事を遂行しようとする志といった素養を求めています。
ここでお会いした皆さんは、今、法曹となった未来の自分を思い描いておられると思います。それはたとえば、企業の要求に応える法曹かもしれません。社会的弱者に寄り添う法曹かもしれません。あるいは、グローバル化した社会で活躍する法曹かもしれません。しかしまた、もしかすると、そのような法曹になる能力が果たして自分にあるだろうかと思い悩んでおられるかもしれません。いずれであっても、どうぞ、大阪公立大学法科大学院の扉をたたいてください。私たち大阪公立大学法科大学院のスタッフは、互いに切磋琢磨を重ねることで、皆さんを全力で支援します。